ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2018年02月07日 14時50分 公開

桜の開花予想、宮崎・熊本・高知が3月21日で最速 東京は24日 日本気象協会

日本気象協会は、桜の開花予想(第1回)を発表した。

[太田智美,ITmedia]

 日本気象協会は2月7日、日本全国51地点の桜の開花予想(第1回)を発表した。開花が最も早い地域は宮崎・熊本・高知で、予想は3月21日という。


桜の開花予想2018

 2018年の桜の開花傾向は、九州が平年並みかやや早いが、全国的に平年並み。開花が最も早い宮崎・熊本・高知に続き、長崎と鹿児島が22日、東京や福岡が24日と予想。4月上旬には山陰から北陸、関東北部でも開花する予定だ。


桜の開花予想2018

 桜開花予想の第2回発表は、2月21日。第3回以降は、3月から4月下旬まで毎週水曜日に発表予定。 2月中は開花日、3月以降は開花日と満開日を発表するという。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.