ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2018年02月20日 13時47分 公開

ソニー、AI配車サービス開発へ タクシー6社と共同

ソニーは、タクシー事業者6社と、人工知能(AI)技術を活用した配車アプリを開発・運営する新会社を2018年春に設立する方針を発表した。タクシーの乗車需要を予測するAI技術や、ソニーペイメントサービスの決済代行サービスも提供する予定だ。

[井上輝一,ITmedia]

 ソニーは2月20日、タクシー事業者6社と、人工知能(AI)技術を活用した配車アプリを開発・運営する新会社を2018年春に設立する方針を発表した。タクシーの乗車需要を予測するAI技術や、ソニーペイメントサービスの決済代行サービスも提供する予定だ。

 参画するのは、グリーンキャブ、国際自動車、寿交通、大和自動車交通、チェッカーキャブ無線共同組合、日の丸交通。6社は2月現在、都内で計1万台超のタクシー車両を所有している。会社の枠を超えて配車サービスを活用することで、顧客の利便性向上につなげる狙い。

 新会社が開発する配車サービスは、6社以外にも参画を希望する全国のタクシー事業者にも提供する考えだ。

プレスリリース文

 タクシー配車アプリは、国内各社の競争が激化している。トヨタ自動車は、タクシー配車アプリ「全国タクシー」を提供するJapanTaxi(東京都千代田区)に約75億円を出資。配車支援システムの共同開発、ビッグデータ収集などで協業を検討していく。

 第一交通産業は、配車アプリ大手の米Uber Technologies、中国の滴滴出行と協業を検討。Uberと滴滴出行は、いずれもソフトバンクグループが出資している。

 また、ディー・エヌ・エー(DeNA)は神奈川県タクシー協会と協力し、配車アプリ「タクベル」の実証実験を行うなど、実用化を急ぐ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.