ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年02月23日 13時00分 公開

日産自動運転車、みなとみらいの公道走る 乗ってきた

日産自動車とDeNAは、自動運転車両を活用した交通サービス「Easy Ride」の実証実験を開始すると発表した。

[太田智美,ITmedia]

 日産自動車(以下、日産)とDeNAは2月23日、自動運転車両を活用した交通サービス「Easy Ride」の実証実験を開始すると発表した。場所は神奈川県横浜市みなとみらい地区周辺の公道。日産本社からワールドポーターズまでの全長約4.5キロのルートに、4つの乗降地を用意する。期間は3月5日〜18日。一足先に、乗ってきた。


日産自動車とDeNA

 自身の端末に専用アプリをインストールし、行先に応じた乗降地を指定すると乗車予約が完了する。予約時刻になると、自動運転車両は待機場所から乗降場所へと移動。車両が来たらアプリでロック解除し、乗り込むと後部座席の車載タブレット端末にシートベルト確認やウェルカムメッセージが表示される。定員は、1台あたり2人。

 車内天井にはカメラが設置されており、外部のモニタールームから必要な時のみ監視可能。何かあれば車載タブレット端末から音声通話もできる。走行中は周辺のスポットやイベント情報、クーポンがタブレットに表示。クーポンをスマートフォンにダウンロードすれば、実際の店舗で使用できる。

 乗り心地は、本当に自動なのかと疑うほどスムーズ。アクセルやブレーキ、信号が変わった後の発信なども違和感なく、遠隔で操作されているのではないかと疑うほどだ。

 高精細マップとGPSに加え、車両に装備したレーザースキャナー6台、カメラ13台、ミリ波レーダー1台を使用し、自車位置や周辺環境を検知しながら走行しているという。「将来的には、環境に合わせてセンサー類を追加する予定」(担当者)。


日産自動車とDeNA

 実証実験には、一般公募から選ばれたモニター約300組が参加予定。利用は無料。日産の担当者は「せっかくいい技術があっても普通の人が使えないとだめ。今回の実証実験は、どれだけ使えるか、どんな新しい発見があるか、価格感などを中心に見ていきたい」と話す。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.