ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年03月02日 08時07分 公開

Dropbox、Googleとの提携で「G Suite」を年内統合へ

NASDAQへの上場を発表したDropboxが、Googleとの提携で「G Suite」の文書をDrdopbox上で作成、編集、保存、共有できるようにすると発表した。MicrosoftのOffice文書では既に可能だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Dropboxは3月1日(現地時間)、米Googleとの提携により、「G Suite」の各種サービスとDropboxの統合を年内に実現すると発表した。

 dropbox 1

 G Suiteのドキュメント、スプレッドシート、スライドの文書をDropbox上で直接作成、編集、保存、共有できるようになる。さらに、Dropboxのアカウントでこれらの文書を保存できるようになる。

 企業向けプラン「Dropbox Business」の管理者は、Dropbox上の他のファイルと同様にG Suiteの文書を管理できるようになる。

 Dropboxと「Gmail」および「Hangouts Chat」を統合し、DropboxアカウントでDropboxに保存しているファイルのリンクを、GmailとHangouts Chatで送受信できるようにする。Gmailではアドオンにより、リンクしたファイルの変更履歴を表示でき、Hangouts Chatではリンクしたファイルをチャット内でプレビューできるようになる。

 同社はNASDAQへの上場に向けて、米Microsoft米Adobe Systemsのサービスとの連携も発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.