ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年03月22日 07時38分 公開

FacebookのザッカーバーグCEO、5000万人の個人情報流出について説明(謝罪はなし)

Facebookの約5000万人のユーザー情報がトランプ陣営の選挙対策で不正に使われた問題について、マーク・ザッカーバーグCEOが初めて今後の対策について説明した。謝罪はしていない。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは3月21日(現地時間)、17日にメディアが報道した5000万人分のユーザー情報がデータ解析企業Cambridge Analytica(CA)に不正に利用された問題について、自身のFacebookで初めて触れ、対策を説明した。

 zuck 1

 900ワード以上の長文だが、謝罪の言葉はない。CAの手に渡ったレベルの個人情報収集は2014年の段階で既にできないように制限済みだが、「われわれは過ちを犯した。さらにやるべきことがあり、改善する必要があるのでそれを実行する」と語り、今後の対策について説明した。

 ザッカーバーグ氏は投稿の前半で事の経緯を説明し、「これは(Facebookアプリで収集した情報をポリシーに反して第三者に売却し、2015年に削除したと言いながらデータを削除しなかった)アレクサンドル・コーガン博士と(同じくデータを削除しなかった)CAによるFacebookに対する背任行為だが、Facebookで自分のデータを共有し、Facebookがそれを保護すると期待したユーザーに対するFacebookの背任行為でもある。われわれはそれを修正する必要がある」と語った。

 その後、3つの対策について説明した。対策についての詳細は関連記事を参照されたい。

 まず、2014年のデータ入手制限以前に個人情報にアクセスしたすべてのアプリと、疑わしい行為のあるすべてのアプリを調査し、この調査に応じない開発者はFacebookから締め出す。不適切な個人情報利用が判明したアプリについても提供を停止し、それらのアプリのユーザーに報告する。コーガン氏のアプリ経由で個人情報をCAにわたされたユーザーにも報告する。

 次に、開発者がアクセスできる個人情報にさらなる制限をつける。例えば、ユーザーが3カ月アプリを使わなければ、そのアプリからはユーザー情報にアクセスできないようにする。また、アプリにサインインする際に必要な情報を、ユーザー名とプロフィール画像、メールアドレスだけにする。開発者に対しては、アプリごとに契約書に署名させる。

 3つ目は、ユーザーに自分がどのようなアプリを使って、どんな情報を提供しているかを自覚させるために、ニュースフィードのトップに利用アプリ一覧を表示する。これは向う数カ月中に実施し、この一覧から不要なアプリを手軽に削除できるようになる見込み。この機能は既にユーザーの[設定]→[アプリ設定]にあるものだが、これを全ユーザーに見せるための対策だ。

 zuck 2 アプリ設定のページ

 ザッカーバーグ氏は、個人データ流出はFacebookの非ではなく、ポリシーに違反したコーガン氏に問題があるという見解のようだ。だが、2015年に個人データがCAの手に渡った段階でなぜユーザーにそれを報告しなかったのかなどの疑問が残る。米国では上院議員やニューヨーク州など複数の州司法長官らがFacebookに対し、この件について説明するよう要請している。

【UPDATE】ザッカーバーグ氏は同日米CNNのインタビュー番組に出演し、口頭で謝罪した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.