ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年03月26日 18時58分 公開

インフォテリア、東証1部に 「世界を目指すため」

インフォテリアは、東京証券取引所マザーズから東証1部へ市場変更した。

[太田智美,ITmedia]

 ソフトウェア開発・販売などを行うインフォテリアは3月26日、同日付けで東証1部に市場変更したと発表した。2007年のマザーズ上場から11年で東証1部にくら替えする。


インフォテリア

 同社は98年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立。ノン・プログラミングで業務自動化を支援する「ASTERIA」やモバイルコンテンツ管理システム「Handbook」などを提供してきた。

 取材に対し、インフォテリアの代表取締役兼CEOの平野洋一郎社長は「海外機関投資家にも認められている東証一部に上場することは大きな意義がある」とコメント。「自前主義にこだわらずM&Aなども通じてスピードをつけていきたい」考えだ。


インフォテリア

インフォテリア

 市場変更の理由は「(以前から狙っている)世界市場を目指すため」。他の世界的規模の企業と同じように、技術に加えて資本力を付けたいとしている。

 今後注力する領域は、「4つのD」で、AIやビッグデータに代表される「Data」、IoTやモバイル機器に代表される「Device」、ブロックチェーンに代表される「Decentralized」、そしてデザインファースト型ソフトウェアを実現する「Design」を指すという。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia NEWS TV配信中!