ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年04月17日 12時17分 公開

バンダイナムコが起業家支援「アクセラレータ」開始 玩具、AI、VR、IoTなどの事業募集

バンダイナムコが起業家支援「アクセラレータ」をスタート。玩具やAR/VR、AI、ロボティクス、IoTなどのビジネスプランを募り、選ばれた事業を人材面で支援したり、出資・提携を検討する。

[ITmedia]

 バンダイナムコホールディングスは4月16日、起業家などを支援する取り組み「バンダイナムコアクセラレーター」をスタートした。玩具などエンターテインメント事業や、AR/VR、AI、ロボティクス、IoTなどのビジネスプランを募り、選ばれた事業を人材面で支援したり、出資・提携を検討する。

画像 バンダイナムコアクセラレーター公式サイトより
画像

 起業家と大手企業をつなぎ、事業創造を支援するゼロワンブースターと共同で展開。バンダイ、バンダイナムコエンターテインメント、バンダイナムコアミューズメント、バンダイナムコアーツ、サンライズのメンバーが、メンターとして参加する。技術面ではバンダイナムコスタジオがサポートする。

 コンテストを経て選ばれた事業は、バンダイナムコグループとゼロワンブースターのメンターからアドバイスを受けられるほか、人材などのリソースを支援。ゼロワンブースターのオフィスの利用もできる。バンダイナムコグループは、参加企業との提携や出資も検討する。

 6月にバンダイナムコ未来研究所(東京都港区)で事前セミナー・交流会を実施。応募のあったプランから5〜10チームを選び、10月にビジネスプランコンテストを実施する。コンテストで選抜したチームを対象に、19年2月までの約5カ月間支援し、20年2月26日に成果発表会(デモデイ)を実施する。

 同グループは中期ビジョンで「変わる」「CHANGE」をテーマの1つの定め、「新しいエンターテインメントの挑戦」として、インキュベーション支援にも取り組んでいるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.