ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年05月01日 12時22分 公開

GoogleとFitbitが「Cloud Healthcare API」の採用などで提携

FitbitがGoogleのヘルスケア関連API「Cloud Healthcare API」を採用し、Fitbitのユーザーデータと電子カルテの連携サービスを提供する計画だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは4月30日(現地時間)、米Fitbitとの提携を発表した。FitbitがGoogleのヘルスケア関連API「Cloud Healthcare API」を同社のウェアラブル端末で採用し、ユーザーデータと電子カルテ(EMR)の連携などを実現する。

 fitbit 1 Fitbitのウェアラブル製品

 Cloud Healthcare APIは、Googleが3月に発表したAPI。医療機器やウェアラブル端末などで収集する多様なデータを分析し、機械学習で利用できるようにするためのものだ。

 FitbitはこのAPIを採用することで、医療機関に患者のより正確な情報を提供できるようになるという。これにより、医師はさらにパーソナライズされた治療が可能になるとしている。

 Fitbitはまた、GoogleのクラウドサービスGoogle Cloudも採用する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.