ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年05月08日 11時10分 公開

80歳以上のATM引き出し限度額を制限、三菱UFJ信託銀行

三菱UFJ信託銀行は5月7日、詐欺対策として80歳以上の利用者の一部に対し、ATMでのキャッシュカードによる引き出し限度額を引き下げると発表した。

[井上輝一,ITmedia]

 三菱UFJ信託銀行は5月7日、詐欺対策として80歳以上の利用者の一部に対し、ATMでのキャッシュカードによる引き出し限度額を引き下げると発表した。

 対象となるのは、2018年3月31日時点で80歳以上かつ、過去1年間でATMでのキャッシュカードの取引がない顧客。7月30日から制限する。

 対象者には制限が自動で適用となるため、利用限度額の引き下げを希望しない場合は三菱UFJ信託銀行への申し出が必要としている。

 高齢者からキャッシュカードをだまし取り、ATMで現金を引き出す事件が多発していることから、「今回の制限は警察からの要請などを踏まえて行うもの」と三菱UFJ信託銀行は説明している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.