ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年05月28日 16時46分 公開

鶏舎の死んだ鶏、AIでチェック 目視だった作業を効率化

NECと、鹿児島県のマルイ農業協同組合が、AI技術を活用し、鶏舎のゲージ内で死んだ鶏を発見するシステムを開発した。精度は90%以上で、作業時間は5分の1に。

[ITmedia]

 NECとマルイ農業協同組合(鹿児島県出水市)は5月28日、AI(人工知能)技術を活用し、鶏舎のゲージ内で死んだ鶏を発見するシステムを開発したと発表した。従来は人間が目視でチェックしていた作業を効率化し、負荷を減らす。農協組合員の農場で2017年5月から実証実験を進めており、20年度の実用化を目指す。

photo

 NECの画像認識技術と機械学習技術を活用した。カメラを載せた台車を鶏舎内で走らせ、ゲージ内の様子を撮影。あらかじめ36万枚の画像を学習させたAIが、撮影した動画を分析し、死んだ鶏を検知する仕組みだ。

photo

 1つの鶏舎にはゲージが約8000個あり、約8万羽の鶏がいる。これまでは作業員が1羽ずつ目視で確認していた。実証実験では、90%以上の精度で死んだ鶏を検知でき、作業時間を従来の5分の1にできたという。

【訂正:2018年5月29日12時55分更新 ※死んだ鶏を検知する仕組みについて、文章を改めました。】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.