ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2018年05月31日 09時15分 公開

「Chrome 67」の安定版公開、脆弱性修正やSpectre対策の拡大も

CPUに存在する脆弱性「Spectre」「Meltdown」のリスク緩和策として、引き続き「Site Isolation」機能の実験的導入を拡大している。

[鈴木聖子,ITmedia]
photo Chrome 67で修正された脆弱性の一部(出典:Google)

 米Googleは5月29日、デスクトップ向けWebブラウザ「Chrome 67」の安定版を公開した。数日から数週間かけてWindows、Mac、Linux向けに配信する。

 デスクトップ向けChromeの最新バージョンは67.0.3396.62となる。Googleによると、CPUに存在する脆弱性「Spectre」「Meltdown」のリスク緩和策として、引き続き「Site Isolation」機能の実験的導入を拡大した。Site Isolationは、信頼できないWebサイトがユーザーのアカウント情報や他のWebサイトの情報を盗むことを難しくするセキュリティ機能で、Chrome 63からはSpectreやMeltdownに対する対策として使われている。

 脆弱性は計34件が修正された。外部の研究者から報告された脆弱性は、「Blinkにおける型の取り違え」「WebUSBにおける過度なパーミッションポリシー」など9件が、Googleの4段階評価で危険度が上から2番目に高い「高」に分類されている。

 脆弱性を発見した研究者には、内容に応じて500〜5000ドルの賞金が贈呈された。

関連キーワード

脆弱性 | Google Chrome


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.