ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年05月31日 17時24分 公開

“宇宙旅行”実現へ H.I.S.が出資するベンチャー、2019年に無人機で実験

宇宙ベンチャーのPDエアロスペースが、2019年に無人宇宙機を宇宙空間に到達、帰還させるため、新型エンジンと機体の開発を進める。H.I.S.などから総額5.2億円を調達した。

[ITmedia]

 宇宙ベンチャーのPDエアロスペース(愛知県名古屋市)は、2019年に無人宇宙機を高度100キロメートルの宇宙空間に到達、帰還させるため、新型エンジンと機体の開発を進める。同社は5月31日、エイチ・アイ・エス(H.I.S.)などから総額5.2億円を調達したと発表した。H.I.SはPDエアロスペースと協業し、宇宙旅行と宇宙輸送の事業化を目指す。

photo

 PDエアロスペースは、16年末に資本提携したH.I.S.とANAホールディングスの増資に加え、H.I.S.グループのハウステンボス、みずほキャピタルなどから5.2億円を調達。開発拠点の拡張、体制強化に充てる。

 出資するハウステンボスは、主力であるエンタテインメント事業に生かすためコンテンツを開発するなど、協業を視野に入れた可能性を模索する。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.