ITmedia NEWS > AI+ >
ニュース
» 2018年06月07日 15時21分 公開

東京おもちゃショー2018:「YouTuberごっこ」にプログラミング遊びも 女児向けタブレットトイ セガトイズから

自撮り動画を撮影でき、プログラミングをはじめとする学習アプリも搭載したタブレットトイをセガトイズが発売する。

[村上万純,ITmedia]

 セガトイズが、121種のアプリを搭載する女児向けタブレットトイ「Magical Me Pad」(マジカル・ミー・パッド)を「東京おもちゃショー2018」(6月7〜10日、東京ビッグサイト)に出展している。顔認識用のカメラは静止画と動画に対応。“YouTuberっぽい”動画を撮ることも可能で、同社ブースには子ども用の撮影スタジオを用意し、機能をアピールしている。価格は1万5000円(税別)で、8月に発売予定。

セガトイズ タッチペンで操作する女児向けタブレットトイ「Magical Me Pad」(マジカル・ミー・パッド)
スタジオ 東京おもちゃショーで撮影スタジオを併設

 マジカル・ミー・パッドは、ディズニーやピクサーのキャラクターと一緒に写真を撮ったり勉強したりできるタブレットトイ。学研プラスと協力した学習用ドリル(全1100問)や、和英辞典(7100単語以上)を内蔵。子どもの理解度に合わせて出題内容が変化するAI(人工知能)学習システムを採用した。

アプリ 121種のアプリを内蔵
ドリル 学研プラスと協力

 タッチペン操作による文字認識以外に、音声操作で各機能を起動できる。翻訳機能も搭載し、「こんにちは」と話しかけると、ミッキーが「Hello!」と答えてくれたりする。また、2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化することを受け、プログラミング遊びができるアプリを用意。別売りでキーボードも用意する予定だ。

文字 文字認識に対応

 学習だけでなく、遊びもカバー。顔認識カメラ「プリショ」では、自分の顔にディズニーキャラクターを重ねた写真や動画を撮影可能。通信機能は非搭載だが、「microSDに保存したデータを友達と交換することでコミュニケーションできる」(セガトイズ担当者)という。

カメラ 自撮り機能も充実

 「今の女の子はYouTuberに憧れる子が多い。一方で、親御さんは勉強をしてほしいという思いがある。両者の希望を詰め込んだ」(同)

 対象年齢は6歳以上。単三形乾電池4本で動作する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.