ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年06月29日 11時26分 公開

茨城県が“県公認”のバーチャルYouTuberを起用 名前を公募

茨城県が同県の動画サイト「いばキラTV」にバーチャルYouTuber(VTuber)を起用すると発表した。TwitterでVTuberの名前を募集し、8月上旬ごろから出演動画を配信予定。

[ITmedia]

 茨城県は6月28日、同県の地域情報を発信している動画サイト「いばキラTV」で、バーチャルYouTuber(VTuber)を起用すると発表した。同日からTwitter上でキャラクターの名前を公募。8月上旬ごろからVTuberが出演する動画を配信予定だ。

photo 茨城県の動画サイト「いばキラTV」がバーチャルYouTuberを起用する

 いばキラTVは、全国で唯一民放県域テレビ局がない茨城県が2012年10月に開局した動画サイト。YouTubeを利用し、1万本以上の動画を公開している。チャンネル登録者数は7万2000人超、動画の累計視聴回数は4700万回以上。視聴者層の3分の1が10〜20代であり、VTuberの起用はこうした若年層をターゲットにした新しいチャレンジという。

photo 「いばキラTV」のYouTubeチャンネルより

 起用するVTuberは、県庁に勤めて3年目、異動により、いばキラTVの公式アナウンサーとしてバーチャル広報課・Vtuberチームに配属――という設定。生まれ育った茨城県への愛情が深く、感情的になると茨城なまりが強く出るという。フレッシュで頑張り屋という新人らしい側面と、長いものには巻かれろという側面を持つ“気難しい年頃”だが、「茨城の魅力を発信する」という使命感に燃えているという。

photo VTuberのプロフィール

 名前の公募はTwitter上で行う。考えた名前をハッシュタグ「#いばキラVtuberに名前をつけて」と一緒にツイートすれば応募できる。採用された投稿者にはプレゼントを用意しているという。採用時に連絡するため、応募者には、いばキラVtuber(仮)のTwitterアカウント(@ibakira_Vtuber)をフォローするよう呼び掛けている。応募期間は7月11日まで。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.