ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年07月02日 16時37分 公開

ソニーがロボット工学の石黒浩教授を招聘 「調理ロボット」実現に向け

ソニーがアンドロイド研究の第一人者である大阪大学大学院の石黒浩教授を「ビジティング・シニア・サイエンティスト」として招聘する。人間の心理や社会的関係を考慮したロボティクス領域の研究開発を進める。

[ITmedia]

 ソニーは7月2日、アンドロイド研究の第一人者である大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻の石黒浩教授を「ビジティング・シニア・サイエンティスト」として招聘すると発表した。ソニーはAI(人工知能)とロボティクスの領域において「調理とデリバリー」(配達、配膳)というテーマで外部連携のネットワークを構築中、2018年4月に米国カーネギーメロン大学との共同研究を開始しており、石黒教授の招聘もその一環だという。

石黒浩教授(左)。写真は4月の東急不動産、サイバーエージェントと共同で行ったホテルにおけるロボット接客実験の発表会で撮影したもの

 石黒教授は、自分そっくりの「ジェミノイド」など数々のロボットやアンドロイドを開発すると同時に、心理学や医学の知見に基づいてロボットが人間の社会的行動や心理状態にもたらす影響などの研究を続けている。

 ソニーでは、AIやロボットが日常生活に溶け込むためには技術的、機能的な側面とともに心理的、社会的関係性の側面が調和したデザインも重要になるとして、石黒教授の招聘を決めた。「今後、石黒教授の高い専門性と知見に基づく助言により、人間の心理や社会的関係を考慮したロボティクス領域の研究開発が加速していくことを目指している」(ソニー)

石黒教授とジェミノイドHI-4(スライド右下写真)。16年8月の「SoftBank World 2016」で撮影

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.