ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年07月21日 06時00分 公開

「ガンプラバトル」が現実に バンダイ、3Dスキャナでガンプラをゲームに取り込む

自分のガンプラが仮想世界に現れ、バトルを繰り広げる——アニメ「ガンダムビルドダイバーズ」や漫画「プラモ狂四郎」のような「ガンプラバトル」が実現に近づいている。

[ITmedia]

 自分のガンプラが仮想世界に現れ、バトルを繰り広げる——漫画「プラモ狂四郎」やアニメ「ガンダムビルドダイバーズ」のような「ガンプラバトル」が実現に近づいている。BANDAI SPIRITS(東京都台東区)は、ガンプラ総合施設「THE GUNDAM BASE TOKYO」で、3Dスキャンしたガンプラを使ってゲームをプレイする特別企画「ガンプラバトルラボラトリー」を7月21日から実施する。

「THE GUNDAM BASE TOKYO」に設けられた「ガンプラバトルラボラトリー」コーナー

 独自に開発したという3Dスキャナは、3つのカメラと複数のレーザーセンサーを備えたターンテーブル型。テーブルが回転しながら赤色レーザーでガンプラを計測し、形状はもちろんカメラが捉えた色やテクスチャーも反映して3Dデータを作成する。「開発当初はスキャン後のデータ処理に1時間から2時間かかっていたが、展示システムでは約20分まで短縮できた」(開発担当者)

3Dスキャンシステム。今回は144分の1サイズのガンプラに合わせているが、調整すれば60分の1サイズにも対応できるという
スキャンして3Dデータを作成
可動部や関節を設定
3Dデータ完成

 完成した3Dデータは、可動部や関節を設定した後、オリジナルゲーム「GUNPLA Battle Pparation Check」に取り込む。GUNPLA Battle Pparation Checkは、制限時間内に射撃や格闘(ビームサーベルなどを使用)で破壊した的の数を競うシューティングゲームだ。将来的にはアーケードゲームなどへの展開も視野にガンプラ同士のバトルを実現したいという。

オリジナルゲーム「GUNPLA Battle Pparation Check」
赤い筒のような的を撃つ
プレイ後には撃破数と命中率が表示される

 ガンプラバトルラボラトリーは、7月21日から9月2日までの土曜日と日曜日に実施する。参加は無料だが、小学生か中学生しか参加できない。

「ガンプラバトルラボラトリー」開催概要

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.