ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年07月23日 10時57分 公開

「『体育館のエアコン、電気代2500円かかるから使わないで』と教委からお達し」ツイートは「デマ」 箕面市長が否定

「体育館にエアコンをつけたのに、『1回で2500円の電気代がかかるから、使用しないでください」との教育委員会からのお達しがあった」――Twitterに投稿されたこんなつぶやきが話題になったが、箕面市の市長によると「そのような事実はない」という。

[岡田有花,ITmedia]

 「体育館にエアコンをつけたのに、『1回で2500円の電気代がかかるから、使用しないでください」との教育委員会からのお達しがあった」――Twitterに投稿されたこんなつぶやきが3万回以上リツイート(RT)されるなど話題になった。だが、この投稿は事実ではなかったようだ。投稿者が住んでいるとみられる箕面市の倉田哲郎市長(@KurataTetsuro)が7月21日、「そのような事実はない」とTwitterで否定。元の投稿者は既にアカウントを削除している。

 問題の投稿は、7月18日に行われたもの。「体育館にエアコンをつけたのに、『1回で2500円の電気代がかかるから、使用しないでください」との教育委員会からのお達しがあった。『生徒の安全より2500円を取るのか!』と職員室は大荒れ」「明日の終業式は体育館でやるが、この暑さで全校生徒を体育館に集めたら、間違いなく倒れる生徒が出てくる」「今年の暑さは異常だと思うし、それに合わせて色々と変わっていかないとダメ」などと述べていた。

 投稿者は学校名や教育委員会名などに言及していなかったが、倉田市長は、「後のツイートから、書き手が箕面市の人だとすぐに分かる状況だった」と指摘。倉田市長によると、箕面市ではこの春、全小中学校の体育館へのエアコン整備工事が完了しており、エアコンを使うタイミングは「一定の目安を示して小中学校に委ねている」ため、「『2500円の電気代がかかるから使用しないで』などと市教委が通知した事実はない」という。

 一方で、スポーツクラブなど地域の団体が学校の体育館を借りてエアコンを使うときには利用団体から実費を徴収しており、「その額が中学校2500円」だと説明した。

 連日の猛暑の中、熱中症関連の投稿がTwitterで毎日のように話題になっている。有用な情報も多いが、中にはデマまがいのものが含まれていたり、数年前のニュースが今年のニュースであるかのように拡散するケースもある。反射的にRTする前に、事実確認したり、日付を確認するなど、一呼吸置くことも必要だろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.