ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年07月25日 18時10分 公開

SPORTEC2018:空を飛びながら体幹トレーニング VR×筋トレのフィットネスマシン「ICAROS」

ドイツ企業が開発した、VRゲームと体幹や筋肉を鍛えられるフィットネスマシンを組み合わせた「ICAROS」(イカロス)がSPORTEC2018に登場。VRを組み合わせることで、エクササイズを楽しめるものにするという。

[村田朱梨,ITmedia]

 VR(仮想現実)で空を飛んだり海中を探検したりしながら体を鍛えるフィットネスマシン「ICAROS」(イカロス)を、SEアミューズメントが「SPORTEC2018」(東京ビッグサイト、7月25日〜27日)に出展した。ICAROSを開発したヨハネス・ショール氏(ICAROS共同創業者)は、「エクササイズを楽しいものにしたい」と話す。

photo 「ICAROS」を体験する様子
photo 上下左右にゆらゆらと動く

 ヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」を装着。ハンドルを握って肘や膝をマシンに乗せると、ハンググライダーで滑空する時のような姿勢になる。体を傾ければ上下左右に動き、コントローラーがそれを検知してゲームと連動させる仕組み。

 飛びながら空中に現れる輪をくぐったり、海中を探検したり、シューティングゲームをしたりするうちに自然と体に負荷がかかる。「3分も経験したら翌日は筋肉痛で体がバキバキ」(ブース説明員)。肩や腕の筋肉に加え、体幹やバランス感覚も鍛えられるという。

photo 右ハンドルにコントローラーが付いている
photo VR画面のイメージ

 また、2台のICAROSをWi-Fiで接続すれば、他の人とレースゲームやバトルゲームを楽しむこともできる。「ゲームをきっかけにトレーニングを始めたり、楽しみながら継続したりしてもらえるようになれば」(ブース説明員)

 今後、日本国内ではSEアミューズメントが正規代理店としてトレーニングジムやホテル内のフィットネスジムなどに販売する予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.