ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年07月26日 07時00分 公開

ウェザーニューズ、5分ごとの天気予報可能に 「西日本復旧のお役に立てたら」

ウェザーニューズは、1時間先の天気が5分ごとに分かる「5分天気予報」の提供を始めた。10分ごとに予報する「10分天気予報」の上位版。

[井上輝一,ITmedia]

 ウェザーニューズは7月25日、iOS/Androidスマートフォン向けアプリ「ウェザーニュースタッチ」で、1時間先の天気が5分ごとに分かる「5分天気予報」の提供を始めた。10分ごとに予報する「10分天気予報」の上位版。

これまで10分刻みの「10分天気予報」を提供してきたが、「5分天気予報」はその上位版となる

 独自のAI技術を用いることで、1時間先までの天気と気温を5分間隔で確認できる。また、1時間先まで5分間隔・250メートル四方の解像度で降水分布を予測可能。

5分間隔・250メートル四方で雨雲の動きを予測

 過去数年分の雨雲レーダー画像を機械学習させたAI技術や、気象庁の観測データ、独自観測機データ、会員から寄せられる実況報告から、時間・位置ともに高解像な予測が可能になったという。

 5分天気予報は有料会員(月額315円)向けの機能だが、現在地の天気を報告することで10分間無料で閲覧できる。そのため、会員にならなくても「直近の予報を知りたいときに現地の天気を報告して閲覧する」といった使い方もできる。

「現在地の天気を報告する」機能

 降水分布を予測する「雨雲レーダー」は1時間後までの閲覧が無料で、1時間〜3時間後(10分間隔・250メートル四方)の閲覧は有料会員向け機能となる。

 同社は、「西日本豪雨の被災エリアは、通常より少ない雨量でも災害につながるケースがある。安全な復旧作業にこのアプリを役立ててもらえたら」と語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.