ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年07月26日 13時25分 公開

Google、オリジナル認証端末「Titan Security Key」をGoogleストアで発売へ

アカウントへの2段階認証ログインを推奨しているGoogleが、オリジナルのセキュリティキーを発表した。Googleストアで発売する計画だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月25日(現地時間)、クラウドサービス関連の年次イベント「Google Cloud Next ’18」で、オリジナルの認証端末「Titan Security Key」を発表した。同日からGoogle Cloudのユーザー向けに販売を開始した。将来的には個人ユーザー向けにオンラインストア「Googleストア」でも販売する計画という。

 titan 1

 Titan Security Keyは、ファームウェアはGoogleが開発したが、FIDOのプロトコルをサポートするので、Googleだけでなく、Facebookなど他社のサービスやハードウェアで利用できる。

 米CNETによると、販売価格はBluetooth版とUSB版のペアで50ドル(約5600円)、いずれか1つで20〜25ドルになるという。

 Googleアカウントで使うには、Googleアカウントの「ログインとセキュリティ」の「2段階認証プロセス」をオンにし、Titan Security KeyをUSBポートに挿すかBluetoothで接続して画面の指示に従って設定する。

 titan 2

 設定した後は、端末を本体と接続してボタンを押すだけでログインできるようになる。2段階認証では、テキストメッセージやモバイルアプリで表示された数桁のコードを手動で入力する方法が多いが、Titan Security Keyのようなセキュリティキーであれば、PCやモバイル端末と接続してボタンを押すだけでコードが入力できる。

 Googleは以前、セキュリティ関連メディアのKrebs on Securityに対し、8万5000人以上の自社の従業員に認証デバイスの使用を義務付けたところ、フィッシング被害が0件になったと語っていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.