ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年07月27日 16時19分 公開

Qualcomm、440億ドルでのNXP買収を断念 中国当局の承認得られず

Qualcommが2016年に発表したオランダNXPの買収を取りやめた。合意した取引完了期限までに中国当局の合意が得られなかったためだ。

[ITmedia]

 米Qualcommは7月26日(現地時間)、オランダの半導体大手NXP Semiconductorsの買収を取りやめたと発表した。両社が買収の条件として定めていた期限(ニューヨーク時間の7月25日午後11時59分)までに中国独禁当局であるSAMRからの承認が得られなかったため。

 Qualcommは2016年に440億ドルでのNXPの合併買収を発表したが、欧州と中国の規制当局が両社に対し、圧力をかけていた。欧州は後に調査を終了したが、SAMRは承認していなかった。

 QualcommはNXPとの取り決めの下、NXPに違約金20億ドルを支払った。同社はまた、300億ドルの自社株買いの実施を発表した。

 Qualcommのスティーブ・モレンコフCEOは発表文で「当社の技術リーダーシップと規律ある実行力は、株主のための重要な価値創造を推進すると考えている」と語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.