ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年08月07日 09時09分 公開

博報堂DYとNTTデータ、ブロックチェーン活用で協業 マーケティングデータ保護など

ブロックチェーンを代表とする分散型台帳技術のマーケティング領域への活用に向けて博報堂DYとNTTデータが協業。まず博報堂DYの「生活者DMP」で、「データ監査基盤」の構築を目指す。

[ITmedia]

 博報堂DYホールディングスとNTTデータは8月6日、ブロックチェーンを代表とする分散型台帳技術のマーケティング領域への活用に向けて協業すると発表した。第1弾として、博報堂DYグループのマーケティングデータ基盤「生活者DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」上で、生活者の購買行動データやクライアント企業の顧客データなどを安全に扱うため、分散型台帳技術を活用した「データ監査基盤」の構築を目指す。

画像 ニュースリリースより

 両社はこれまでにも、生活者データやクライアント企業の顧客データといったマーケティングデータの信頼性担保に分散型台帳技術が適用できるか研究開発を進めてきたという。

 2017年度には「生活者DMP」で扱うデータについて、NTTの研究所が開発した分散型台帳関連技術を適用するための基礎研究を実施。研究結果を基に「データ監査基盤」を構築し、マーケティング活動におけるデータ活用に適用することで、データの流通・活用の際のトレーサビリティを担保し、クライアント企業に信憑性の高いデータを提供するとしている。

 今後、両社で技術検証を本格的に行い、生活者DMPでの取り扱いデータや利用企業の拡大を図るとともに、企業間のデータ連携促進や、新たなソリューション開発を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.