ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年08月10日 18時24分 公開

お経が流れるスピーカー発売 簡単操作で高齢者にも

お経の再生機能を搭載したポータブルスピーカーが8月17日に発売される。ろうそくのともしびを再現したLEDライトやBluetooth機能も備える。

[山口恵祐,ITmedia]

 ハードウェア開発などを手掛けるレッツコーポレーション(名古屋市)は8月10日、お経を再生できるBluetooth対応ポータブルスピーカー「お経燈」(おきょうとう)を17日に発売すると発表した。般若心経(復唱、独唱)を収録する。価格は7000円(税別)。

photophoto カラーバリエーションは「蓮 茶色」(左)と「蓮 ピンク」(右)

 本体の電源ボタンを押すと、お経が流れるポータブルスピーカー。Bluetoothで他の機器とペアリングすると、お経以外の音声も再生できる。本体にはろうそくのともしびを再現したLEDライトを搭載。本物のろうそくの火の消し忘れや、転倒などによる事故の心配がないという。連続点灯時間は20時間。

 カラーバリエーションは「蓮 茶色」と「蓮 ピンク」。オプションで、ユーザーが希望するお経を収録して出荷するサービスも始める。

 同社は「正確にお経を上げたい人や、お経の読み上げを練習したい人におすすめする」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.