ITmedia NEWS >
ニュース
» 2018年09月12日 08時00分 公開

ITmedia NEWS TV:“究極”のThinkPad X1 Extremeに新型スマートウォッチ、はんだで作るキーボードを生チェック、ポチったのは?

[田中宏昌,ITmedia]

 YouTubeを使ったITmedia NEWS編集部のライブ番組「ITmedia NEWS TV」。毎週火曜日と金曜日の夕方に、人気の記事や注目記事の裏側、こぼれ話を記者が直接お届けしています。

記者が気になる3製品をピックアップ

 9月11日の放送では、レノボ・ジャパンから発表されたばかりの「ThinkPad X1 Extreme」にフォーカス。外部GPUを搭載した“究極”のPCについて、取材した井上翔記者をゲストにThinkPad X1 Extremeの製品コンセプトから、大和研究所がこだわったスライドコネクターといった基板の話、135WのACアダプターを採用するなど細かいところまで、注目のモデルを中心に熱いThinkPadトークを展開しました。

4K表示に対応した15型ディスプレイに日本語キーボードを備えた「ThinkPad X1 Extreme」

 続いて、Wear OS(旧Android Wear)を備え、充電なしで最大30日使えるというスマートウォッチ「TicWatch Pro」を取り上げました。最大の特徴は、有機ELディスプレイの上に透過式のモノクロFSTN液晶ディスプレイを搭載する「重層ディスプレイ(Layered Display)」の採用にあります。これにより、Wear OSをスリープにするなどモードの切り替えによって、最大5日〜30日も利用できるユニークな1台です。

 折しも、QualcommからWear OS向けのプラットフォーム「Snapdragon Wear 3100」がリリースされ、2018年内には搭載機が登場する見込みと、Apple Watchの新モデル発表を前に気になる動きが続きます。

1.39型有機ELディスプレイを搭載した中国Mobvoiのスマートウォッチ「TicWatch Pro」(リキッドメタルシルバー)

 編集記者が注目するサービスや新製品を取り上げる「TREND NOW」コーナーでは、井上輝一記者が思わずポチった「Helix キーボードキット」を紹介しました。Helix キーボードキットは、遊舎工房が発売している左右分割型の自作キーボードキットで、キースイッチやモジュールを1つ1つはんだとはんだごてを使って取り付けていく“ガチ”なタイプです。

 はんだを使った自作キーボードは、今年でなんと2台目という井上輝一記者。前回ははんだ付けに失敗してしまい、改めて「キーボードの自由研究」という遅い夏休みの課題に取り組んだ結果は記事化の予定とのこと。2回目の挑戦に期待したいところです。

遊舎工房から発売されている分割タイプの「Helix キーボードキット」(完成イメージ)

 なお、次回の配信はAppleの発表にあわせて13日夕方に前倒しする予定です。YouTubeページにある「チャンネルを追加」ボタンを押すだけで、次回放送の案内がお手元に届きます。ITmedia NEWS TVのYouTubeページから、ぜひチャンネル登録をお願いします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.