ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年09月25日 19時41分 公開

パナソニック、シグマがライカと協業 「Lマウント」規格のカメラシステム開発へ

パナソニックやシグマが、Lマウントのカメラシステムを開発可能に。

[井上輝一,ITmedia]

 独ライカカメラとパナソニック、シグマの3社は9月25日、カメラ開発に関する戦略的協業を発表した。ライカが開発したミラーレスマウント用規格「Lマウント」のカメラボディやレンズを、パナソニック、シグマも開発可能になる。

ライカ、パナソニック、シグマが戦略的協業

 Lマウントは、ライカのフルサイズミラーレス「ライカSL」などが採用するマウント規格。マウント径は51.6ミリで、フルサイズやAPS-Cサイズのミラーレスカメラ開発に向くとしている。これまでm4/3(マイクロフォーサーズ)システムを開発してきたパナソニックだが、今回の協業により、より大きなセンサーサイズのカメラボディなどを開発すると思われる。

 パナソニックとシグマは、「近い将来、Lマウント規格に基づいた製品を発表する」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.