ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年09月25日 21時03分 公開

パナソニック、初のフルサイズミラーレス「Sシリーズ」発表 ライカLマウント採用

パナソニックが、ライカLマウントを採用したフルサイズミラーレス一眼カメラ「LUMIX S1」と「LUMIX S1R」を発表した。

[井上輝一,ITmedia]

 パナソニックは9月25日、ドイツ・ケルンで開催している「フォトキナ2018」で、Lマウントを採用したフルサイズミラーレス一眼カメラ「LUMIX S1」「LUMIX S1R」を発表した。2機種とも2019年初めに発売する(日本国内については不明)。

 フォトキナ2018に先出ち、パナソニックはシグマ、独ライカカメラと戦略的協業を発表。今回パナソニックが発表した「LUMIX S」シリーズは、Lマウント規格を採用したフルサイズミラーレスシステムとなる。

 S1は有効画素数約2400万画素のベーシックモデルで、S1Rは約4700万画素の高画素モデル。新たな映像処理エンジンの「ヴィーナスエンジン」を搭載し、4K/60p動画や、ボディ内手ブレ補正とレンズ側手ブレ補正のハイブリッドである「Dual I.S.」といったm4/3(マイクロフォーサーズ)システムで培った技術を惜しみなく投入した。防塵(じん)防滴の他、耐低温にも対応するという。

 AFは引き続きコントラスト方式のDFDテクノロジーを採用しており、像面位相差AFは搭載しなかったが、ディープラーニングによるAF性能の向上をうたう。

 背面モニターは3方向チルト液晶で、メモリーカードスロットはXQDとSDメモリーカードを各1枚使用できる。

 Lマウント対応レンズとして、「50mm / f1.4」「24-105mm」「70-200mm」の3本を19年初めに発売する。また、20年末までにさらに7本を発売し、計10本をラインアップする予定としている。

 また、m4/3システムについても「共存し、ともに成長する」と今後も続けることを強調した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.