ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年10月12日 07時58分 公開

Facebook、不正行為のページとアカウントを約800件削除

米中間選挙を控え、Facebookがまたポリシー違反ページとアカウントを削除したと発表した。政治的な投稿のリンク先は広告サイトで、政治目的ではなく、金儲けのために不正行為を働いていたとして約800件を削除した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは10月11日(現地時間)、ポリシーに違反する不正行為を働いた559件のページと251件のアカウントを削除したと発表した。

 同社は「間もなく米中間選挙ということもあり、今回の措置について説明したい」とし、ページやアカウントを削除した基準はコンテンツではなく、行為だと強調した。

 共和党議員やドナルド・トランプ米大統領は、FacebookやTwitterなどのSNSに対して、シャドーバンニング(本人には気づかれないように、意図的に他の人が投稿を発見できないようにすること)などの政治思想による差別を行っていると批判している。

 今回問題にした不正行為は、ページの過激な政治的投稿に大量に作った偽アカウントで「いいね」をつけることで投稿を拡散させ、投稿内のリンクにユーザーを誘導したことという。コンテンツは政治的ではあったが、目的の多くは広告掲載のWebサイトへの誘導で、政治目的ではないとしている。同社は米Washington Postに対し、削除したアカウントやページは米国内のもので、ロシアなどの海外からの介入ではないと語った。

 Facebookはこうした不正を阻止するための技術改善を含む取り組みを強化していくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.