ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年10月12日 14時29分 公開

ヤマトホールディングス、自律飛行する輸送機を開発へ

ヤマトホールディングスは、米Bell Helicopter(Textron傘下)と自律飛行する輸送機を共同開発する。2020年代半ばまでに実用化する計画だ。

[ITmedia]

 ヤマトホールディングスは10月12日、米国のヘリコプターメーカー、Bell Helicopter(Textron傘下)と、自律飛行する輸送機を共同開発すると発表した。2020年代半ばまでに実用化する計画だ。

photo 開発するeVTOLのイメージ

 Bellは、輸送用の容器(ポッド)を搭載するeVTOL(電動垂直離着陸機)の設計、開発、製造を主導する。小型機は最大7キロ、大型機は453キロの荷物を積み、時速160キロ以上で飛行するとしている。ヤマトホールディングスは、これまで培った物流業務のノウハウを生かしポッドを開発。両社は2019年8月までにデモンストレーションを行う考え。

 Bellのスコット・ドレナン氏(イノベーション部門バイス・プレジデント)は「両社が協力することで、新しい空の輸送方法を実現し、将来の大規模物流の先例を世界に示したい」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.