ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年10月30日 11時54分 公開

Twitter、「『いいね』廃止」報道にコメント 「健全化に向け再考中」

Twitterが「いいね」機能を廃止するとの英報道。Twitterは「言論の健全化に向け、『いいね』機能を含むサービス全体について再考しているが、まだ検討の段階で、発表できることはない」とコメントした。

[ITmedia]

 Twitterが「いいね」機能を廃止すると、英メディア「The Teleglaph」が10月28日に報じた。Twitterの公式サポートアカウントはこの報道を受けて29日、「言論の健全化に向け、『いいね』機能を含むサービス全体について再考しているが、まだ検討の段階で、発表できることはない」とコメント。「いいね」機能のあり方について、再検討していることを認めた。

 「いいね」(like)ボタンは2015年、「お気に入り」(favorites)ボタンに代わって実装された機能。お気に入りボタンは「☆」マークだったが、いいねボタンはハートマークで、ツイートが気に入ったことを発信者に知らせたり、気になるツイートを保存するなどの目的で使われている。

 Teleglaphによると、先週のイベントでTwitterのジャック・ドーシーCEOは、「ハート型のボタンが嫌いで、すぐに廃止したい」と語ったという。若者が「いいね稼ぎ」のために投稿し、いいねが付かないとすぐ削除するなど、いいねが「SNS中毒」の原因になっていることなども指摘している。

 Teleglaphの取材に対してTwitterの広報担当者は「言論の健全化に向けてさまざまな可能性を検討しているが、現時点で、具体的な変更などを議論する予定はない」と述べたとも伝えている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.