ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2018年11月01日 10時00分 公開

Apple Watch向けOSアップデートに不具合、Appleが配信停止

「watchOS 5.1にアップデートしたら、Apple Watch Series 4が使えなくなった」などの報告が少数のユーザーから寄せられている。

[鈴木聖子,ITmedia]
photo Apple Watch Series 4

 米Appleが10月30日に公開したApple Watch向けのOSアップデート「watchOS 5.1」について、メディア各社は同日、一部のユーザーから不具合が報告され、Appleが配信を停止したと伝えた。

 Twitterなどにはユーザーから、「watchOS 5.1にアップデートしたら、Apple Watch Series 4が使えなくなった」「Apple Watch Series 4がインストールの途中で止まったままになった」などの報告が寄せられている。

 英BBCによれば、買ったばかりのSeries 4が使えなくなったという男性は、修理に出す必要があるとAppleから告げられ、「修理または交換が必要かどうかを判断するのに最大で1週間かかる」と説明されたという。

 報道によると、Appleはこうした報告を受け、少数のApple WatchでwatchOS 5.1のインストール中に問題が起きていることを確認した。「念のためにソフトウェアアップデートを撤回した。影響を受けた顧客はAppleCareに連絡してほしい。アップデートのインストールがうまくいった場合は何もする必要はない」との声明を発表し、問題を修正した上でアップデートのリリースを再開すると説明している。

 watchOS 5.1は「iOS 12.1」などと同時に10月30日に公開され、深刻な脆弱性も多数修正されていた

photo watchOS 5.1のセキュリティ情報

関連キーワード

Apple Watch | watchOS | 不具合


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.