ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「watchOS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「watchOS」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

調査レポート:
「Galaxy Watch4」が「Apple Watch」のシェアを奪いSamsungが2位に浮上 WearOSのシェアも拡大
Counterpoint Reserachによる7〜9月期のスマートウォッチ市場調査によると、メーカー別ランキング1位はAppleが守ったが、「Galaxy Watch4」発売のSamsungが大きく伸び、Huaweiから2位を奪った。OS別ランキングでは「WearOS」が2位。(2021/11/24)

Apple Watch Series 7が充電に失敗する問題 「watchOS 8.1.1」で修正
Apple Watch Series 7では、いったんは充電中と表示が出ているが、しばらくしてみても充電がされていないといった問題が発生していた。(2021/11/19)

「Apple Watch Series 7」をじっくり試す 弱点を克服した今こそ“買い”だ
10月15日に発売された「Apple Watch」の最新モデル「Series 7」。デザインも新しくなり、ベゼルが1.7mmとかなり狭額になった。廉価版ともいえる「Series 3」や「SE」もあるが、本製品を選ぶべき理由は「耐久性」と「バッテリーの持続時間」にある。1日中ずっとApple Watchと一緒にいられる生活は近い。(2021/11/7)

Apple Payの「WAON」「nanaco」はどう使う? 注意点は?
10月21日、Apple PayのWAONとSuicaのサービスが始まった。使い始め方と注意点を簡単にまとめた。(2021/10/21)

Apple、「iOS 15.1」など一連のOS更新を10月25日の週に実施と予告
Appleは「AirPods(第3世代)」の発表文に「iOS 15.1」「iPadOS 15.1」「watchOS 8.1」「tvOS 15.1」「macOS Monterey」を“来週”提供すると記載した。Montereyのリリース日は10月26日となっている。(2021/10/19)

CloseBox:
Apple Watch Series 7は自転車「サイコン」の代わりになる? 買って走って分かったこと
買って試さなければ分からないことはある。そのために60km走ってきた。(2021/10/16)

10月15日に「Apple Watch Series 7」発売 予約受付は10月8日から
Appleは「Apple Watch Series 7」の注文受付を10月8日9時(日本時間)から開始。販売は10月15日から行い、価格は4万8800円(税込み)から。(2021/10/6)

スティーブ・ジョブズ没後10年 Appleの隆盛を支えた「ジョブズとクック」が成し遂げたこと
Appleの創業者であるスティーブ・ジョブズが亡くなって10年がたとうとしている。改めて「スティーブ・ジョブズとティム・クック」について、西田宗千佳さんが分析する。(2021/9/30)

iPhone移行でApple Watchのペアリングに失敗したときの対処方法
Apple Watchをペアリングできないやっかいなトラブル。解決方法は?(2021/9/28)

「マジでジェームズボンド」「魔法使いみたい」――触らずに操作できるApple Watchの新機能に反響
Apple Watch向けの新OS「watchOS 8」の新機能「AssistiveTouch」に注目が集まっている。装着している側の指や手を動かすだけで、画面にタッチしなくても操作できるようになったからだ。(2021/9/27)

Apple Watchが自転車ワークアウトの自動検出、電動アシスト対応 Apple、「watchOS 8」を配布開始
Appleは、新しいアクセス、つながり、マインドフルネスのための新機能を追加した「watchOS 8」を配布開始した。(2021/9/21)

「iOS 15」「iPad OS 15」「watchOS 8」の配信開始 脆弱性修正も
Appleが「iOS 15」「iPad OS 15」「watchOS 8」の配信を開始した。「FaceTime」にApple製品以外からも参加できるようになるなどの新機能が使えるようになる。また、22件の脆弱性にも対処した。(2021/9/21)

CloseBox:
Apple Watch Series 7があれば自転車の“サイコン”は不要? 速度・距離を読み上げ、電動アシストにも対応
Apple Watch Series 7は自転車対応が進んだ。その詳細を今ある情報から推測する。(2021/9/16)

「iOS 15」「iPadOS 15」「watchOS 8」が9月21日に配信開始
Appleが、iPhone向け「iOS 15」、iPad向け「iPadOS 15」、Apple Watch向け「watchOS 8」を9月21日に配信開始する。iOS 15ではビデオ通話アプリ「FaceTime」の機能を拡張し、Apple製以外の端末でも利用可能になる。iPadOS 15ではマルチタスク機能がより直感的になり、一度のタップでSplit ViewやSlide Overが使える。(2021/9/15)

マスク着用時の不便は継続:
iPhone 13シリーズの生体認証は「Face ID」 指紋認証「Touch ID」は搭載ならず
新型コロナウイルスの感染拡大もあり、世界的にマスクを着用する人が増えた。それを受けて、iPhone 13シリーズが採用する生体認証技術に注目が集まったが結局、マスクとの相性の良くないFace IDを継続採用することになったようだ。(2021/9/15)

「iPhone」「iPad」「Mac」に複数の脆弱性 すでにサイバー攻撃を確認済み
「iPhone」「iPad」「Mac」「Apple Watch」など複数のApple製品に脆弱性が発見された。すでにこれらの脆弱性を利用したサイバー攻撃が確認されているため、迅速にアップデートをしてほしい。(2021/9/15)

間もなく「Appleスペシャルイベント」 何が発表される?
9月15日午前2時(日本時間)から、Appleの「スペシャルイベント」が開催される。現時点において発表されるであろう内容を予想を交えつつ解説していく。(2021/9/14)

iOS、iPadOS、watchOS、macOSの緊急更新 “既に悪用された可能性のある脆弱性”を修正
Appleは“既に悪用された可能性のある脆弱性”を修正するアップデートをiPhone、iPad、Apple Watch、Mac向けにリリースした。これらの脆弱性をAppleに報告したCitizen Labは、至急更新することを強く勧めている。(2021/9/14)

【新連載】走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
iPhoneにタイヤをつけたような「Tesla Model 3」を買ってしまった “人生最後のクルマ”になぜ選んだか
クルマでありながらデジタルガジェットとしての評価も高い、Tesla車を手に入れた山崎潤一郎さんによる新連載です。(2021/9/8)

Apple、RISC-Vプログラマーを募集中 Armライセンス回避の動きか
Apple SiliconはArmベースだが、そのライバルとして浮上しているRISCアーキテクチャがRISC-Vである。(2021/9/4)

Apple、児童ポルノ検知機能追加を延期 プライバシー抗議受け
Appleは、8月に発表した児童の性的虐待対策機能のiCloudとiMessageへの追加を延期すると発表した。ユーザーやプライバシー保護団体からのフィードバックを受けての決定。当初は米国で年内追加の予定だった。(2021/9/4)

Apple、児童保護目的でユーザーの「メッセージ」とiCloudの「写真」の画像検出を実施へ
Appleは児童保護の目的でユーザーのコンテンツを検出する機能を追加する。「メッセージ」とiCloudの「写真」が対象。まずは米国で年内に開始する計画だ。(2021/8/6)

iOS 14.7の配信開始 「MagSafeバッテリーパック」のサポートなど
AppleがiPhone向けアップデート「iOS 14.7」をリリースした。既に販売中のiPhone 12で使える「MagSafeバッテリーパック」をサポートした。HomePodのタイマーをiPhoneで設定できるようにもなった。(2021/7/20)

Apple Watch用アプリが4万本超えか
2015年に発売されたApple Watch。6年かけてアプリの数を増やしていった。(2021/7/8)

日本のiPhoneシェアは3年間変動なしの66% Apple Watchシェアは55%
日本政府のデジタル市場競争会議、日本のiOSシェアは66%、watchOSシェアは55%と報告した。(2021/7/5)

ドコモが2022年春から「IPv6シングルスタック」を導入へ 7月1日から開発者向けに試験環境を提供
NTTドコモが2022年春から、spモード対応端末に割り当てるIPアドレスをIPv6のみとする「IPv6シングルスタック」を導入する。それに先だって、開発者向けに接続試験環境を提供する。【追記】(2021/6/29)

「次のWindows」も発表間近な今、各社OS戦略を考える Google I/O、WWDCから
Apple、Google、Microsoftの主要プラットフォームが最新OSをリリースする。彼らの方向性はどのように異なるか、西田宗千佳さんが分析する。(2021/6/18)

TechTarget発 世界のITニュース
Appleが「WebKit」の脆弱性を修正 ユーザーがやるべきことは?
Appleは「iOS」や「macOS」が搭載するレンダリングエンジン群「WebKit」の脆弱性を修正した。同社はユーザーや管理者に対象となるOSを更新するよう呼び掛けている。(2021/6/16)

石野純也のMobile Eye:
「コロナ禍への対応」「機械学習の活用」「デバイス連携の深化」――3つのキーワードで見るAppleの新OS
AppleがWWDC21でiOS、iPadOS、watchOS、macOSの最新バージョンを披露した。最大公約数のキーワードになりそうなのが、「コロナ禍」「機械学習」「デバイス連携」。ホーム画面を刷新してウィジェットに対応したiOS 14ほどの大規模なアップデートではなかったが、どのOSも着実に進化している。(2021/6/12)

Apple基調講演の“主演俳優”、クレイグ・フェデリギ上級副社長にFaceTimeインタビューして分かった「集中」と「境界線」
ニューヨーク在住のYouTuber、大石結花さんが、Appleの人気副社長、クレイグ・フェデリギ氏とFaceTimeで1on1した。(2021/6/11)

WWDC21レポート:
AppleがWWDC21で示した巨大プラットフォーマーの責務
Appleの開発者向けイベント「WWDC21」が開幕した。さまざまなOSの多岐に渡る進化ポイントを、林信行氏がまとめた。(2021/6/9)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
WWDC21で新ハードウェアは出なくとも「Apple Siliconが戦略の中心」と感じた理由
Appleの開発者会議「WWDC」が今年も開催。新ハードウェアや新チップの発表はなかったが、各OSのアップデートや連携の強化といった全体を見渡してみると、やはりApple Siliconが戦略の中心にあると感じられた。(2021/6/9)

macOS次バージョンは「Monterey」(モントレー) iPadとのカーソル移動が簡単に WWDC21、ARグラスなどハードウェア発表はなし
思わずピザが食べたくなるmacOS新バージョンが登場した。(2021/6/8)

パブリックβは6月から:
Appleが「watchOS 8」を発表 人気機能をブラッシュアップして2021年秋に登場
Apple Watch用の新OSが2021年秋にリリースされる。呼吸アプリが「マインドフルネスアプリ」としてリニューアルされる他、人気の機能を中心に機能改善が図られている。(2021/6/8)

Apple、採用情報に「homeOS」を記載(その後削除)
HomePod向けのOSなのか、全く新しいOSなのか。(2021/6/4)

調査レポート:
世界のスマートウォッチ市場調査、Appleの出荷台数は50%増でシェア33.5%
Counterpoint Reserachが1〜3月期の世界のスマートウォッチ市場調査結果を発表した。Appleの出荷台数が前年同期比50%増と好調で、シェアは33.5%と全体の3分の1を超えた。3位のSamsungは出荷台数は27%増だが、シェアは0.5ポイント減。(2021/5/28)

Appleの「WWDC21」のキーノートは6月8日午前2時(日本時間)から 新しい「iOS」「iPadOS」「macOS」の登場に期待
Appleが報道関係者などに開発者向けイベント「WWDC21」への招待状を配布し始めた。開幕に当たって行われるAppleによるキーノート(基調講演)は6月8日午前2時(日本時間)から開催され、その4時間後に詳細を説明するセッションも行われる。(2021/5/25)

iOS 14.6の配信開始 Podcastサブスク対応、AirTagのプライバシー改善、38件の脆弱性修正も
Appleが「iOS 14.6」の配信を開始した。Podcastアプリでのサブスクリプションに対応した。AirTagのプライバシー改善や38件の脆弱性修正も行われる。(2021/5/25)

Spotify Premium、Apple Watchでのオフライン再生が可能に
Spotifyが、「Apple Watch」にコンテンツをダウンロードし、オフラインで再生できるようにした。有料サービスのみが対象だ。Wear OSでも可能になる見込み。(2021/5/23)

Mobile Weekly Top10:
5月分のスマホ決済キャンペーン/グローバルモデルは「グローバル」じゃない?
楽天Edyは、今年(2021年)でサービス開始から20周年を迎えます。ITmedia Mobileも、今年で創刊から20周年を迎えます。運命的なものを感じます……。(2021/5/10)

Apple、悪用される可能性のあるWebKitの脆弱性を修正するiOS、iPadOS、macOS、watchOSのアップデート
AppleがiOS、iPadOS、macOS、watchOSのアップデートをリリースした。いずれも同じWebKitの脆弱性を修正するもの。既に悪用された可能性があるとしている。(2021/5/4)

日本でも広がり始めた「フェムテック」 女性が抱える健康課題にテクノロジーで取り組むルナルナに聞いた(前編)
フェムテックという言葉をご存じですか?(2021/4/30)

iOS 14.5の「マスクを着けたままiPhoneのロック解除」を試した 注意点は?
「iOS 14.5」では、マスクを着けたままiPhoneのロックを解除する機能が追加された。ただし利用するには、Apple Watch Series 3以降のApple Watchが必要となる。マスク装着時にロックを解除すると、Apple Watchに通知が来る。(2021/4/27)

iOS 14.5とwatchOS 7.4配信開始 マスクのままロック解除やトラッキング許可など盛りだくさん
Appleが「iOS 14.5」と「watchOS 7.4」をリリースした。これでマスクのままのロック解除機能や「AirTag」を探すなど多数の機能が使えるようになり、50件以上の脆弱性も修正される。(2021/4/27)

CloseBox:
Apple WatchでiPhoneのFace IDアンロックを初体験して分かったこと Apple Watchはもはや必須
iOS 14.5とwatchOS 7.4でついに実現した「マスク装着時のFace IDアンロック」、早速試してみた。(2021/4/27)

Apple、顔を覆うマスクを着けたままFace IDで認証するときに、Apple Watchを使用してiPhone X以降のロック解除に対応した「watchOS 7.4」を配布開始
まずiPhoneをiOS 14.5にアップデートしておく必要がある。(2021/4/27)

iPhone、マスク装着時のロック解除が今から可能に Apple Watch + iOS 14.5で AirTag対応も
iPhoneをアンロックするためにマスクを引き下げたりパスコードを入力したりする手間が、これからはなくなる。Apple Watchは必須だが。(2021/4/27)

Appleの「WWDC21」はオンラインで開催 6月7日〜11日
Appleが、世界開発者会議「WWDC21」を6月7日から11日まで、オンラインで開催することを告知した。AppleはWWDC20について「記録的な参加者数と成果が得られた」と振り返る。WWDC21では、iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSのアップデートを発表する。(2021/3/30)

iOSの14.4.2と12.5.2配信 「悪用された可能性のあるWebKitの重要なセキュリティアップデート」
Appleが、iOS、iPadOS、watchOSのアップデートをリリースした。悪用された可能性のあるWebKitの脆弱性を修正するものだ。iPhone向けは「iOS 14.4.2」だけでなく、旧モデル向けの「iOS 12.5.2」も出ている。(2021/3/27)

iOSとiPadOSの14.4.1とwatchOSの7.3.2配信 「重要なセキュリティアップデート」
Appleは、「iOS 14.4.1」「iPadOS 14.4.1」「watchOS 7.3.2」「macOS Big Sur 11.2.3」の配信を開始した。WeKitの脆弱性を修正するものだ。この脆弱性を悪用したWebコンテンツを利用すると、任意のコードを実行される可能性がある。(2021/3/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。