ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「watchOS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「watchOS」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

iOSやmacOSなどのセキュリティアップデート公開、脱獄ツールで利用の脆弱性を修正
最新バージョンのOSリリース後すぐに公開されていた、脱獄ツール「Unc0ver」が狙う脆弱性を修正した。(2020/6/2)

Apple、macOS Catalinaなどのセキュリティ情報を公開
「iOS13.5」で報告のあったメールアプリの脆弱性にも対処した。(2020/5/28)

Apple、「watchOS 6.2.5」を配布開始 プライド文字盤追加
iOS 13向けとiOS 12向けのApple Watchアップデートが始まった。(2020/5/20)

Apple、プライド月間でApple Watchバンド発売し、文字盤提供開始
AppleはApple Watchのバンド「プライドエディションスポーツバンド」と「プライドエディションNikeスポーツバンド」を販売開始した。(2020/5/19)

Apple、6月22日から年次開発者会議「WWDC20」を無料で開催 学生向けのプログラミングコンテストも
米Appleは5月5日(現地時間)、年次開発者会議「WWDC20」を6月22日にオンライン形式で開催すると発表した。(2020/5/7)

林信行が読み解くApple Watch5周年:
5つの視点で振り返る「Apple Watch」のすごさ
Appleのスマートウオッチ「Apple Watch」が、2020年4月で発売5周年を迎える。登場前と登場後で何が変わり、これからどこへ向かうのか。林信行氏が解説する。(2020/4/24)

iOSやmacOSのアップデート、多数の脆弱性を修正 Appleがセキュリティ情報公開
「iOS 13.4」「iPadOS 13.4」で30件の脆弱性を修正。macOSは「Catalina 10.15.4」と、MojaveおよびHigh Sierra向けのセキュリティアップデートが公開された。(2020/3/25)

「WWDC 2020」をオンラインで6月に開催:
国内のApple Storeが一時休業中に
米Appleは3月13日(現地時間)、年次開発者会議「WWDC 2020」を6月にオンライン形式で開催すると発表した。同時に、中国以外のApple Storeを3月27日まで閉店する旨もアナウンスしている。(2020/3/14)

Appleの「WWDC 2020」はオンラインでの開催に
Appleは、WWDC 2020をオンラインで開催することを告知した。新型コロナウイルスによる健康不安が解消されない状況を鑑みた措置。基調講演と各セッションを含む全プログラムをオンラインで提供する。(2020/3/14)

Apple、「WWDC 2020」は6月に“全く新しいオンライン形式”で開催へ
Appleが、例年6月にカリフォルニアで開催する開発者会議WWDCを、今年は完全オンライン形式で開催すると発表した。新型コロナウイルスには触れていないが、フィル・シラー上級副社長は「現在の衛生状態では新しいフォーマットを構築する必要がある」と語った。(2020/3/14)

dポイントが「Apple Wallet」に対応 iPhoneやApple Watchを使ってローソンでポイントがたまる
NTTドコモの「dポイント」が、iPhoneとApple Watchの「Wallet」に対応。ローソンで利用できるようになった。対応を記念したキャンペーンも実施される。(2020/2/18)

進むApple Watchスタンドアロン化 watchOS 6.2以降からwatchOSアプリ内課金が利用可能に
iPhoneでの操作を必要としない、Apple Watchのスタンドアロン化が進んでいる。(2020/2/6)

Apple、iOSやmacOSなどのアップデート公開
iOS 13.3.1では「通信/通話の制限」機能に関する不具合などが修正されたほか、「iPhone 11」のU1超広帯域(UWB)チップによる位置情報サービスの使用を制限する設定が追加された。(2020/1/29)

iOSとiPadOSの「13.3.1」配信開始 iOSではU1チップの位置情報追跡問題を修正
AppleがiOSとiPadOSの「13.3.1」の配信を開始した。iOSで指摘されていた位置情報をオフにしても追跡を続けていた問題に対処した。セキュリティ関連では23件の脆弱性に対処した。(2020/1/29)

iOS 13.3.1で位置情報取得をオフ可能に iPhone 11のUWB位置情報設定も
iPhone 11に搭載されているU1チップに関係するアップデートが行われた。(2020/1/29)

Appleのバウンティプログラム、macOSの脆弱性も賞金の対象に 最高額1億6000万円
iOSやmacOSの脆弱性を発見した研究者などに10万ドル〜100万ドルの賞金を贈呈。特定の条件を満たした場合は50%を上乗せする。(2019/12/24)

Appleが最大約1億6千万円の報奨金 セキュリティ報告プログラム「Apple Security Bounty」を提供開始
Appleが、未知のセキュリティ報告に対して報償金を贈るサービスを提供し始めた。(2019/12/23)

「AirDrop」機能悪用した嫌がらせにも対処 Appleがセキュリティアップデート
iOS、macOS、watchOS、tvOS、Safari、Xcode、Windows向けiTunes のセキュリティアップデートでそれぞれの脆弱性が修正された。(2019/12/12)

AirPods ProとiPhone付属EarPodsとの関係 MACお宝流超細かいレビュー
Appleのカナル風インナーイヤー型ANC付き完全ワイヤレスイヤフォン、「AirPods Pro」を試した。(2019/11/1)

Apple、iOSやmacOS更新版のセキュリティ情報公開 Windows向けiTunesとiCloudの脆弱性にも対処
iOSやmacOS、Windows向けiTunesとiCloudに共通するグラフィックスドライバの脆弱性は、悪用されればシステム特権で任意のコードを実行される恐れがある。(2019/10/31)

「iOS 13」のセキュリティ情報公開、深刻な脆弱性を修正 対象外の機種向けには「iOS 12.4.2」配信
「iOS 13」「iOS 13.1」の対象機種はiPhone 6s以降。iPhone 5sやiPhone 6向けには「iOS 12.4.2」が配信される。(2019/9/27)

「Apple Watch」の「watchOS 6」配信開始 、「iOS 13」が必要で、Series 1と2はまだ
Appleが、「Apple Watch」の最新OS「watchOS 6」の配信を開始した。Series 1以降のモデルがアップデート可能だが、Series 1と2は「年内」にアップデートできるようになる。アップデートには同日配信開始の「iOS 13」搭載の「iPhone 6s」以降の端末が必要。(2019/9/20)

Apple、App Storeを搭載した「watchOS 6」を配布開始
watchOS 6からは、Apple Watch単独でアプリをダウンロードできる。(2019/9/20)

林信行がレビュー:
魅力を再構築した新モデル「Apple Watch Series 5」の進化と変化
スマートウォッチで独走を続けるApple Watchも、登場から5年目を迎える。新モデルSeries 5の魅力はどこにあるのか。林信行氏がレビューをお届けする。(2019/9/18)

「iMessage」でマルウェアを送り込む
「iOS」を勝手に操作できる複数の脆弱性をGoogleのセキュリティチームが発見
Googleのセキュリティチーム「Project Zero」が、「iOS」の6つの脆弱性に関する情報を公開した。その中には、ユーザーの操作なしで攻撃が実行される脆弱性のPoCコードが含まれる。(2019/9/16)

「tvOS」「watchOS」のバグ報告にも報奨金
iPhoneの脆弱性に1億円、macOSも報告対象に Appleがバグ報奨金を大幅変更
Appleはバグ報奨金プログラムの対象を「macOS」の脆弱(ぜいじゃく)性にも拡大し、同時に報奨金を引き上げる方針だ。脆弱性の種類によっては、報奨金の金額は100万ドルにもなる。(2019/9/14)

0.01ドルに気付かされた新製品の価値:
言葉では伝わらない新iPhone 11とApple Watchのすごさの本質
9月11日(現地時間)、Appleのスペシャルイベントで数多くの製品が登場した。発表会の情報だけでは分からない、iPhone 11シリーズと新型Apple Watchの魅力に迫る。(2019/9/12)

PayPay、Apple Watchに対応
「Apple Watchだけで買い物」の範囲が広がった。(2019/9/11)

新iPhoneは「Pro」含む3機種、特徴は? Apple発表内容まとめ
「新iPhone」3機種が発表されたAppleスペシャルイベントの内容をまとめた。(2019/9/11)

「Apple Watch Series 5」登場 スリープせず18時間連続で動作
Appleが、watchOS搭載のウェアラブルデバイスの新モデル「Apple Watch Series 5」を発表した。(2019/9/11)

次期iPhoneはどうなる?:
まもなく2019年の新型iPhone発表? Apple「スペシャルイベント」の見どころチェック
Appleのスペシャルイベントまで残すところ10時間ほど。2019年は、一体何が発表されるのだろうか。予想をまとめつつ、筆者なりの見解を記しておこうと思う。(2019/9/10)

Apple Watchがもう1個ほしくなる? 「おやすみモード」で睡眠トラッキング
Apple Watch Series 5発表に合わせ睡眠トラッキング機能も発表するという情報が入ってきた。(2019/9/3)

Appleが9月11日深夜2時(日本時間)から「スペシャルイベント」開催 新型iPhone発表か
AppleがSpecial Eventの開催を告知。例年の傾向を踏まえると、新型iPhoneや新OSの製品版などが披露されるものと思われる。(2019/8/30)

Apple、iPhone用トランシーバーの開発を保留
Intelとの共同開発によるメッセージングシステムの行方は?(2019/8/27)

仕事用アプリケーションの管理とプライバシーを両立させる
「Android Q」「iOS 13」に新しく追加されたBYOD向け管理機能とは?
BYODを実施するには、IT部門はエンドユーザーのプライバシーとエンドポイントセキュリティを慎重に考慮する必要がある。「Android Q」「iOS 13」で進化したIT部門向けの管理機能について、詳しく説明する。(2019/8/26)

新しいMacBook ProとApple Watch情報 EECに登録
Catalina搭載の新MacBook Proが登場間近のようだ。(2019/8/22)

Apple Watch Series 5はセラミックとチタニウム?
次期Apple Watchでセラミックケースが復活するとの情報が。(2019/8/19)

Mobile Weekly Top10:
「Galaxy Fold」いよいよ発売へ/「dアカウント」のセキュリティコード通知で注意喚起
先行レビューで破損事故の相次いだフォルダブルスマートフォン「Galaxy Fold」。破損につながる部分を改善した上で、9月中に一部地域で販売開始すべく準備が進められています。(2019/7/29)

iOSやmacOSのアップデート公開、多数の脆弱性を修正
「iOS 12.4」では、Apple Watchのトランシーバー機能に関するセキュリティ問題を修正。HomePodは日本語に対応した。(2019/7/23)

iPhone、ワイヤレスデータ移行が可能に iOS 12.4アップデートで
Appleは、iPhoneのワイヤレスデータ移行が可能になった「iOS 12.4 ソフトウェア・アップデート」を配布開始した。(2019/7/23)

Apple、「iOS 12.4」と「watchOS 5.3」 配信開始 「Home Pod」日本語対応やトランシーバー復活
AppleがiPhoneとiPadのOS「iOS 12.4」とApple WatchのOS「watchOS 5.3」の配信を開始した。停止されていたApple Watchのトランシーバー機能が復活した。新規購入したiPhoneに古いiPhoneの環境を無線で移行できるようになった。(2019/7/23)

「iPadOS」「Mac Pro」「macOS Catalina」「iOS 13」「watchOS 6」を理解する【後編】
「iOS 13」「watchOS 6」の押さえておくべき注目機能リスト
AppleのモバイルOS「iOS 13」とスマートウォッチ向けOS「watchOS 6」には、どのような機能が加わったのか。注目機能を紹介する。(2019/7/4)

「iPadOS」「Mac Pro」「macOS Catalina」「iOS 13」「watchOS 6」を理解する【中編】
新「Mac Pro」と4999ドルの「Pro Display XDR」 価格に見合った価値はある?
Appleが「iPadOS」と同時に発表した新たな「Mac Pro」と「macOS Catalina」。それらの注目すべき機能と、高価さが話題となったディスプレイ「Pro Display XDR」の特徴を紹介する。(2019/7/2)

「iPadOS」「Mac Pro」「macOS Catalina」「iOS 13」「watchOS 6」を理解する【前編】
「iPadOS」と今までの「iOS」の違いは? “ノートPC不要論”を再燃
タブレット「iPad」専用OSとして登場した「iPadOS」は、これまでiPadが搭載してきた「iOS」の機能を基に、タブレット向けに最適化したOSだ。iPadをノートPCのように使うようにするための機能も充実している。(2019/6/30)

「安心」を土台にデジタル技術の未来を再構築:
WWDCで鮮明になった「Apple=安心ブランド」という戦略
tvOS、watchOS、iOS、macOSに加え、第5のOSとしてiPadOSも発表されたAppleの開発者イベント「WWDC 2019」。5つのOSに共通する開発姿勢を見ると、今、世界で起きている新しいデジタルの潮流とピタリと符合をしていることが鮮明になってきた。Appleの今だけでなく、世界のテクノロジー業界全体が迎えている変化についても見ていこう。(2019/6/19)

登山地図アプリ「ヤマレコMAP」がApple Watchに対応 オフラインでも現在地を確認できる
予定ルートを外れると知らせてくれる機能も。(2019/6/18)

Mobile Weekly Top10:
超小型スマホ「Palm Phone」を日本で売る狙い/iOS 13とiPadOS
Appleの「WWDC(World Wide Develpoers Conference)」が開催されました。注目は、iOSから独立した「iPadOS」です。(2019/6/11)

ITはみ出しコラム:
「iOS 13」でプライバシー保護を強化するApple 個人データからFacebookとGoogleを遠ざける新機能も
GoogleとAppleがそれぞれの年次開発者会議を開催。Googleが「プライバシー」を前面に打ち出した一方、Appleはそれが当たり前であるかのような態度を貫きました。(2019/6/9)

石野純也のMobile Eye:
iOSから独立した「iPadOS」が生まれた理由、「watchOS 6」「iOS 13」の進化点を読み解く
「WWDC 2019」全体に通じるキーワードは「独立」かもしれない。それを最も象徴しているのが、タブレット用OSとしてiOSとは切り離して開発された「iPadOS」だ。「watchOS 6」も単独でできることが増えており、iOSへの依存が下がりそうだ。(2019/6/5)

WWDC 2019:
Apple、SwiftUIなどを説明 Sign in with AppleはWindows版も
WWDC基調講演を補完する恒例イベント「2019 Platforms State of the Union」動画が公開された。ここから読み取れることは多い。(2019/6/5)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。