ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年11月01日 12時08分 公開

ドローン自動飛行で鉄塔点検 撮影画像から異常検出、3Dマップも生成

全自動で飛行、撮影、解析、レポート作成を行う。

[井上輝一,ITmedia]

 業務用ロボットシステムを開発するセンシンロボティクス(東京都渋谷区)は10月31日、ドローンで鉄塔を自動点検するサービス「TOWER CHECK」(タワーチェック)β版を発表した。自動飛行から解析、レポート作成までを自動化する日本初のサービスという。目視点検の代替を目指す。

自動生成した3Dマップに異常箇所をプロットしたレポートを作成

 従来は十数項目のパラメータを入力していたというドローンの飛行ルートの設定作業を簡易化。2ステップの設定を基にドローンを自動飛行させ、鉄塔を立体的に撮影できるようにした。撮影データから鉄塔の3Dマップを自動作成し、マップ上にサビや腐食の発生箇所を自動プロットしたものをレポートとして提供する。

 サビ・腐食の発見は、ディープラーニングを利用した独自エンジンで行う。機械が判断しきれないサビや、ボルトのゆるみなどの異常項目は、人間が3Dマップにひも付いた撮影データを参照することで、近くで目視点検した場合と同等の点検が可能という。

サービスの利用フロー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.