ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年11月06日 13時53分 公開

「グローバル展開の拠点に」 富士通、カナダにAI事業の新会社

富士通が、AI(人工知能)事業のグローバル展開をけん引する新会社「FUJITSU Intelligence Technology」をカナダ・バンクーバーに設立。世界各国のAI事業を束ねる拠点にする。

[村上万純,ITmedia]
富士通 AI(人工知能)プラットフォームやサービスの企画開発を手掛ける新会社「FUJITSU Intelligence Technology」の吉澤尚子CEO

 富士通は11月6日、AI(人工知能)プラットフォームやサービスの企画開発を手掛ける新会社「FUJITSU Intelligence Technology」をカナダ・バンクーバーに設立したと発表した。世界各国で展開する同社のAI事業を束ね、グローバル展開をけん引する拠点にする。CEOには富士通執行役員常務 デジタルサービス部門副部門長の吉澤尚子さんが就く。資本金は600万カナダドル(約5億1800万円)で同社の100%子会社。

 新会社は11月1日に事業を開始。これまでは日本の技術拠点から世界各国に合わせたAIサービスを提供していたが、AI事業を束ねる海外拠点を設けることで、グローバル展開を加速させる考え。現地の研究機関や企業との連携を進め、優秀な人材の獲得を目指す。

富士通 新会社で目指す姿

 吉澤さんはカナダに拠点を置く理由として、(1)カナダ政府がIT技術を推進していること、(2)トロント大学などAIや量子コンピューティングに強い研究機関やスタートアップが多数存在すること、(3)MicrosoftやAmazon.comなど、協業や顧客対象になる大企業が進出していること、(4)シリコンバレーなど北米の主要都市に比べ賃貸料や税金などが安いこと、(5)北米がAIビジネスの最大の市場であること――などを挙げた。「北米は1企業当たりのAI関連投資額が日本の約17倍と、日本とは全く環境が異なる。AI市場も日本国内だけでは小さいので、海外に進出していかないと拡大が難しい」(吉澤さん)

富士通 なぜカナダなのか
富士通 ビジネスと研究の両輪でAIビジネスを加速させる

 富士通は、同社のAI技術「Zinrai」や、量子現象に着想を得たデジタル回路で組み合わせ最適化問題を高速処理する「Digital Annealer」(デジタルアニーラ)を、Microsoft AzureやAWSなどのクラウドサービスを通してグローバル展開することも検討しているという。

 また、第2世代のデジタルアニーラを12月に提供する予定。前モデルと比べ、処理速度は約100倍になったとしている。19年度に投入予定の第3世代では、100万ビット規模の大規模並列処理をできるようにする。吉澤さんは「第2世代のデジタルアニーラは、高難度な最適化問題を解くのに十分な性能を持っている。交通混雑の緩和や、倉庫内の部品や棚配置の最適化など、これまでは計算量が膨大でなかなか解けなかった問題を解決していきたい」と自信を見せる。

富士通 第2世代のデジタルアニーラ

 新会社は、22年までに累計売上4000億円を目指す。現時点の従業員数は13人だが、2020年までに最大200人程度まで増やすという。吉澤さんは「今後はAIビジネスを推進するヘッドクオーターを各地域に配置し、さらにAIビジネスを加速させていく」と展望を語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.