ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年12月06日 22時02分 公開

ソフトバンク通信障害はエリクソン製設備が原因か Financial Times報道

12月6日に起きたソフトバンクの通信障害は、Ericsson製の通信設備が原因であると英Financial Timesが同日(日本時間)に報じた。

[ITmedia]
スウェーデンのネットワーク機器メーカーEricsson

 12月6日に起きたソフトバンクの通信障害は、Ericsson製の通信設備が原因であると英Financial Timesが同日(日本時間)に報じた。

 同日午後1時半〜午後6時ごろまでソフトバンクの携帯電話サービスなどで通信障害が発生していた一方、英国では現地時間午前5時ごろ(日本時間午後2時ごろ)に通信事業者O2の4G回線がダウンしていた。

O2のネットワークステータス。日本時間午後10時時点でも復旧作業中

 Financial Timesは、この事態についてよく知る2人の情報筋から、ソフトバンクとO2の通信障害にはEricsson製の設備が関係しているとの情報を得たという。

 2016年には、ソフトバンクの商用ネットワークにEricsson製の「Virtual MME」と呼ばれる通信設備を導入したことをEricssonが発表していた。Ericssonの発表をさかのぼると、13年にはO2に4G/LTE向けの通信機器を提供していることも分かる。

 ソフトバンク広報はITmedia NEWSの取材に対し、「問題が起きた通信設備の製造元について開示はしていない」とコメントした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.