連載
» 2012年07月26日 19時56分 UPDATE

全国でんき予報2012夏:7月27日(金)−九州の需給率が93%近くまで上昇、中部と中国も91%超え

27日(金)も暑い一日になりそうだ。東北や北海道でも最高気温が30℃を超え、真夏日となる地域が増える見込み。各社の最大需要電力予想も昨日より大きくなっている。

[ITmedia]

 27日(金)は仙台で最高気温31℃、札幌で最高気温33℃と、これまで最高気温の予想値が30℃を超えることがなかった東北、北海道でも真夏日となる見込み。このほか、名古屋で最高気温36℃、大阪で最高気温35℃、東京、広島、福岡で最高気温34℃という予報が出ている。26日(木)と同じように厳しい暑さとなりそうだ。

 中部を除く各社は最大需要電力が上昇すると予想している。中部は最大需要電力が10万kW減少して2440万kWとなると予想しているが、最大供給電力が49万kW減少する見込み。この結果、需給率は91.7%まで上昇する。

 中国は最大需要電力が10万kW上昇し、1080万kWになると見込んでいるが、最大供給電力は31万kW下落して1179万kWとなり、需給率は91.6%となる見込み。

 九州は26日(木)に需給率が91.6%となるという厳しい予想を立てていたが、実際に14時〜15時の間に最大需要電力が1521万kWに達し、需給率が93.5%まで上昇した。27日(金)も厳しい一日となりそう。最大需要電力が40万kW上昇して、1530万kWになる見込みだが、最大供給電力の上積みは22万kWにとどまり、1649万kWと見ている。需給率は92.8%まで上昇すると見ている。

Forecast_Jul_27.jpg 7月27日の電力需給予測。各電力会社がWebサイトに掲載したデータから

テーマ別記事一覧

 電力供給サービス 


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.