連載
» 2012年08月27日 00時15分 UPDATE

全国でんき予報2012夏:8月27日(月)−九州の需給率が94%まで上昇、その他5地域で90%突破

8月最終週に入ったが、先週に引き続き各社の電力供給量にはやや不安が残る。全国的に先週金曜日に比べて最大需要電力は下がるが、最大供給電力も下がり、6地域で需給率が90%を超える。

[スマートジャパン]

 27日(月)の最大需要電力を先週金曜日と比べると、東北が変化なしで1320万kW、東京が50万kW増の5050万kW、中国が変化なしで1050万kWとしているほかは、どの地域も減少すると予測している。特に関西は140万kW減の2540万kW、九州は60万kW減の1450万kWという予想を立てている。

 この予想に合わせて東北を除く8社が最大供給電力を先週金曜日に比べて減少させる。特に関西は162万kW減の2855万kW、九州が106万kW減の1543万kW、中国が26万kW減の1158万kWとしている。北海道、東京、中部、北陸、四国は微減の予定。

 この結果、全国6地域で需給率が90%を超える。特に九州では、需給率が94%に達し、北陸では92.6%にもなる。東京と中部の需給率も91%を超え、高めの値になる。

Forecast_Aug_27.jpg 8月27日の電力需給予測。各電力会社がWebサイトに掲載したデータから

テーマ別記事一覧

 電力供給サービス 


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.