ニュース
» 2012年10月31日 07時00分 UPDATE

自然エネルギー:事業者の注目を集める北海道、最大規模のメガソーラーの建設が決定

三井不動産は、北海道苫小牧市に最大出力が23MWの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設すると発表した。王子製紙の関連会社が北海道の太平洋岸にメガソーラーを建設することを明らかにするなど、メガソーラー建設候補地として北海道が注目を集めている。

[笹田仁,スマートジャパン]

 三井不動産がメガソーラーの建設を予定している苫小牧市は、北海道西南部に位置しており、太平洋に面している(図1)。電気化学工業と日本ゼオンがここに遊休地を保有しており、三井不動産は遊休地を賃借して太陽光発電システムを設置する。2012年11月に着工し、2013年度中に稼働を始める予定。

Mitsui_Fudosan_Megasolar_Tomakomai_1.jpg 図1 三井不動産がメガソーラーを建築しようと予定している地点

 敷地面積は37万m2。設置する太陽光発電システムの最大出力はおよそ23MW(2万3000kW)(図2)。年間発電量は約2万4000MWh(2400万kWh)と見込んでいる。全量を北海道電力に売電する。この量は一般家庭の年間消費量にするとおよそ6600世帯分になるという。

Mitsui_Fudosan_Megasolar_Tomakomai_2.jpg 図2 メガソーラーの完成予想図

 苫小牧市は北海道の中でも南に位置しており、北海道の中でも気候が温和で積雪量も少ないことから、年間を通してメガソーラーの稼働が期待できるという。王子製紙の関連会社がメガソーラー建設を予定している白糠町と同じような環境であると予想できる。年間を通して涼しいというところも共通しているだろう。涼しい環境では太陽光発電パネルの温度が上がりにくく、発電効率が落ちにくい。

 三井不動産は2012年9月に山陽小野田市(出力は約13MW)と大分市(三井造船と共同。出力は約17MW)にそれぞれメガソーラーを建設すると発表している。山陽小野田市に建設する計画を明らかにしたときは、2013年度中に合計3カ所にメガソーラーを建設する目標を立てていた。さらに、3カ所合計で最大出力をおよそ53MWまで高めるということも明らかにしていた。今回の苫小牧市のメガソーラー建設計画で、3カ所合計53MWという目標を達成するめどを立てたことになる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.