連載
» 2012年12月11日 09時44分 UPDATE

全国でんき予報2012冬:12月11日(火)−中部で朝から94%、九州は夕方に95%超に

前日に続いて中部の需給率が高いレベルにあって、午前9時台に予想を上回って94%に達した。北海道と四国を除く7つの地域で90%を超える見込みで、最も厳しい状況の九州では18時台に95%を超える予報が出ている。

[スマートジャパン]

 10日(月)の17時台に需給率が一時的に97%を超えてしまった中部では引き続き供給力が低く、早くも朝の9時台に94%に達した。中部電力の7時36時点の予想を上回る需要が生じており、夕方17時台の状況も心配だ。

 同様に12月に入ってから需給率が高く推移している九州電力でも、18時台に95.3%まで上昇する見込み。このほか東北が93.4%、北陸が92.7%と、寒い地域の需給率が高くなっている。節電目標が設定されていない地域でも、可能な限りの節電対策を実施したい。

Forecast_Dec_11.jpg 12月11日の電力需給予測。各電力会社がWebサイトに掲載したデータから

テーマ別記事一覧

 電力供給サービス 


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.