連載
» 2013年07月03日 19時50分 UPDATE

全国でんき予報2013夏:7月4日(木)−電力のピークは14時台、北陸で90.5%に

北陸電力のみ、90%以上となる見通し。需要がピークになる時間帯は14時台が多く、北海道電力は19時台、関西電力は11時台となる見込みだ。

[スマートジャパン]

 7月4日(木)の需給率は北陸電力の90.5%が最高値となる予想だ。その他の地域は80%台に収まる見通し。需要がピークになる時間帯は北海道と関西を除いて14時台の見込みである。

 なお、中国電力との間で、19万5000kWの電力契約を結んでいる宇部興産は、売電が長期間停止すると2013年7月3日に発表した。同社は電力卸供給(IPP)事業を出力21万6000kWの汽力発電(石炭、バイオマス)によって継続してきた。2013年3月16日から5月14日の期間、定期検査のために、発電所の稼働を停止したところ、稼働再開過程で不具合が発生し、停止期間が長期にわたる可能性が高いことが判明したという。これにより、中国電力の最大供給電力が下がる。

Forecast_Jul_4_sj.jpg 7月4日の需給予測(各電力会社がWebサイトに掲載したデータから)

テーマ別記事一覧

 電力供給サービス 


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.