連載
» 2013年07月08日 19時45分 UPDATE

全国でんき予報2013夏:7月9日(火)−電力のピークは14時台、東電、中国電、中部電で90%超

東京電力が需給率91.9%となる見通し。中国電力と中部電力も90%を超える。需要がピークになる時間帯は全て14時台である。

[スマートジャパン]

 7月9日(火)の需給率は東京電力の91.9%を筆頭に、中国電力の91.1%、中部電力の91.0%となる見込みだ。最も余裕があるのは東北電力の85.1%。需要がピークになる時間帯は全ての電力会社で、14時台である。

 7月8日(月)は、全国的に猛暑となり、空調機の電力消費量などが増えた。このため、電力9社の最大需要電力がいずれも今夏で最大となった。例えば東京電力は14時に4909万kWhを記録、関西電力は16時に2560万kWh、中部電力は14時に2383万kWhを記録している。需給率はいずれも92%以下だった。

 7月9日は、東京電力や中部電力で7月8日の最大需要電力を超える見込みだが、各社は最大供給電力を増やすことで対応する。

Forecast_Jul_9_sj.jpg 7月9日の需給予測(各電力会社がWebサイトに掲載したデータから)

テーマ別記事一覧

 電力供給サービス 


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.