連載
» 2014年02月26日 21時44分 UPDATE

全国でんき予報2013冬:2月27日(木)−中部と中国で午前中に90%を突破

全国的に雨の降る範囲が広がり、気温は高めながらも電力の需要は増加する見込みだ。中部で午前10時台に、中国では午前9時台に、需給率が90%を超える。一方で昼間に晴れる予想の北海道は夜のピークでも80%を下回る。

[スマートジャパン]

 春を目前にしたこの時期は天候が変わりやすい。2月27日は朝から夜にかけて、雨の降る地域が西日本から東日本へ移動する予想だ。最高気温は全般的に高めだが、時間帯によって最大電力が前日を上回る地域がある。

 西日本では中国の需給率が朝の9時台に91.2%まで上昇する。続いて10時台には中部で90.7%に達する見通しだ。このほかの地域は90%を下回り、特に北海道ではピークの18時台でも78.2%にとどまる。

Forecast_Feb_27_sj.jpg 2月27日の需給予測(各電力会社がWebサイトに掲載したデータから)

テーマ別記事一覧

 電力供給サービス 


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.