連載
» 2014年09月17日 18時00分 UPDATE

電子ブックレット/電力供給サービス:太陽光の適地、大規模店舗の屋根を生かす

大規模店舗の屋根は平たんで影も少ない。太陽光発電に適しており、大きく2種類の事業形態が可能だ。店舗側が自社で発電事業を進める手法と、屋根だけを他の発電事業者に貸し付ける手法だ。自社だけで進める場合は売電収益を全て手にすることができるものの、初期投資費用や管理運営費用が掛かる。屋根を貸し付けると、「地代」だけを受け取る形となり、事業負担が少ない。ただし、長期間屋根を貸し出すことには不安もある。屋根を借りて太陽光発電事業を進める企業は、どのような工夫を凝らしているのか、2つの事例を紹介する。

[スマートジャパン]

 ウェブサイトに掲載した特集記事を、印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」に編集しました。会員の皆様に無料でダウンロードしていただけます。

電子ブックレット→太陽光の適地、大規模店舗の屋根を生かす

・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレットは無償でのご提供となりますが、アイティメディアIDへの登録が必要となります。登録ユーザーではない場合や、登録済みのプロファイルに一部不足がある場合などは、ダウンロードリンクをクリックすると登録画面へジャンプします。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.