ニュース
» 2014年12月25日 09時00分 UPDATE

蓄電・発電機器:太陽電池と蓄電池をセットで貸し出し、新築住宅で15年契約 (1/2)

ONEエネルギーはタマホームと提携し、2015年1月1日から、NECの蓄電池システムと京セラの太陽光発電システムを組み合わせてリース・レンタル方式で提供する。タマホームの新築戸建住宅を購入した顧客が対象。サービスの月額料金は太陽電池の容量によって異なる。

[畑陽一郎,スマートジャパン]

 新築戸建住宅を購入すると、太陽光発電システムと蓄電池システムをセットにして貸し出す。このようなサービスが始まった。ONEエネルギーがタマホームと提携し、2015年1月1日から、北海道と沖縄を除く地域でサービスを開始する。

 タマホームで新築戸建住宅を注文した顧客が対象。京セラの太陽光発電システムと、NECのリチウムイオン蓄電池システムをリース、レンタル契約に基づいて利用できる*1)。契約期間は15年間で、契約中の中途解約はできない。

 「NECが複数の容量の蓄電池システムを製品化しているため、容量が5.53kWh以外になる可能性がある。当初は京セラの太陽光発電システムを提供し、その後は他の国内製品にも広げていく」(ONEエネルギーの親会社であるオリックス)。

 蓄電池システムと京セラの太陽光発電システム(出力2.94kW)を導入した場合、導入時の工事費用は5万円。1〜10年目の月額料金は8400円(税別)。11〜15年目の月額料金は6500円(税別)*2)

 「固定価格買取制度(FIT)を利用して売電できる期間が導入後10年間であるため、11年目からは負担が軽くなる料金設定とした」(オリックス)。契約期間満了後は、太陽光発電システムは顧客に無償譲渡、蓄電池システムは撤去する形をとる。

*1) いずれもONEエネルギーがハードウェアを所有する。譲渡条件付きのリース契約に基づいて太陽光発電システムをリースする。保証サービスはシステムのメーカーが提供する。蓄電池システムはレンタル(メンテナンス付きリース契約)であり、容量保証や遠隔監視など、ONEエネルギーが提供する「蓄電システムレンタルサービス」と同じサービスを受けることができる。
*2) ONEエネルギーの蓄電システムレンタルサービスを単独で申し込む場合、契約期間は10年、料金は月額5900円(税別、2014年12月19日の仮受付分以降)である。単独サービスの場合、タマホーム以外の新築・既築住宅でも契約が可能。

導入のメリットは家庭によって異なる

 太陽光発電システムと蓄電池システムを同時に導入すると、大きく3つのメリットが得られる。

 日中の消費電力が大きい場合は、蓄電池に夜間電力料金で充電しておき、日中に放電する。これを太陽光発電システムが補う。こうすることで、月額の電力料金を節減できる(図1)。

yh20141225ONEE_normalday_590px.jpg 図1 日中の消費電力が大きい場合の使い方(クリックで拡大) 出典:オリックス

 太陽光発電システムの出力が日中の消費電力を上回る場合は、余剰電力が発生する(図2)。固定価格買取制度(FIT)の余剰買取を利用して売電できる他、蓄電池に充電して夜間に利用してもよい(グリーンモード選択時)。

yh20141225ONEE_normaldayFIT_590px.jpg 図2 日中の消費電力が小さい場合の使い方(クリックで拡大) 出典:オリックス
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.