ニュース
» 2015年11月12日 13時00分 UPDATE

電力供給サービス:環境省が「是認しがたい」石炭火力発電所、石炭中継基地の隣に建設へ (1/2)

山口県の宇部市に広がる臨海工業地帯で注目の石炭火力発電プロジェクトが動き出した。国内最大の石炭中継基地に隣接して、発電能力が120万kWの設備を建設する計画だ。環境影響評価の最初の段階で環境大臣が「是認しがたい」と意見を出したが、手続きは着々と進んでいる。

[石田雅也,スマートジャパン]

 電力とガスの市場で大きな影響力をもつJ-POWER(電源開発)と大阪ガスが共同で、石炭火力による「西沖の山発電所(仮称)」を建設する(図1)。瀬戸内海に面した宇部興産の所有地に2基の火力発電設備を新設して、合計で120万kW(キロワット)の発電能力を想定している。2023〜2025年に運転を開始して、中国地方を中心に西日本の広域で安価な電力の供給を目指す。

ube1_sj.jpg 図1 「西沖の山発電所(仮称)」の建設予定地。出典:山口宇部パワー

 建設予定地の周囲には宇部興産が運営する国内で最大規模の石炭中継基地「沖の山コールセンター」があって、石炭火力発電を実施するうえで絶好の立地だ(図2)。J-POWERと大阪ガスは宇部興産を加えた3社で2015年3月に発電事業会社の「山口宇部パワー」を設立してプロジェクトに着手した。

ube2_sj.jpg 図2 石炭火力発電事業の実施区域と周辺施設。出典:山口宇部パワー

 発電能力が11万2500kW以上の火力発電所を建設する場合には、4段階に及ぶ環境影響評価の手続きを完了する必要がある(図3)。第1段階にあたる「計画段階環境配慮書」を3月に国に提出すると、6月になって環境大臣から「現段階において是認しがたい」との厳しい意見が出された。「国の二酸化炭素(CO2)排出削減の目標・計画と整合性を持っていると判断できない」というのが理由だ。

ube5_sj.jpg 図3 環境影響評価の手続きの流れ。「方法書」を2015年11月10日に送付した。出典:山口宇部パワー
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.