ニュース
» 2015年11月20日 07時00分 UPDATE

蓄電・発電機器:全国の太陽光発電所をランキング、毎日の発電量を運用管理に生かす

急速に導入量が拡大した太陽光発電だが、効率的な運用管理には課題も多い。売電収入の安定確保に向けて、発電システムのメーカーやサービス提供会社が遠隔監視や診断・保守に力を入れている。全国各地の太陽光発電所の発電量をリアルタイムに比較できるサービスも始まった。

[石田雅也,スマートジャパン]

 太陽光発電システムを自作用のキットで販売するLooop(ループ)が発電量の比較サービス「Looop Club」を11月16日に開始した。発電所の監視装置で計測した実際の発電量のデータをもとに、全国各地の太陽光発電所の発電量を日間・週間・月間で比較してランキングを表示できる点が特徴だ。サービス開始時の登録数は約200カ所で、3年以内に1万カ所を目指す。

looop1_sj.jpg 図1 太陽光発電所向けの情報サイト「Looop Club」のトップページ(画像をクリックすると拡大)。出典:Looop

 北海道から九州・沖縄まで全国9つの地域を対象に、都道府県単位で個別の発電所の発電量を表示する。さらに発電所の登録数が多い都道府県では複数のエリアに分けて、より近接した場所にある発電所の情報を一覧で見ることができる(図2)。情報の閲覧・登録は無料だ。

looop2_sj.jpg 図2 エリア別の登録件数と発電量を表示した画面例(画像をクリックすると拡大)。出典:Looop

 発電所の情報は所有者がLooopのウェブサイトから登録する方式で、登録した情報を非公開にすることも可能になっている。このため発電所によって閲覧できる情報には違いがある。Looopの監視装置を発電所に設置していれば、発電量のデータをリアルタイムに収集・分析・表示することができる。監視装置を設置していない発電所のデータは所有者が登録する必要がある。

 各発電所のデータは個別に表示するほかに、全国のランキングで比較することが可能だ。ランキングは3種類あり、日照時間・土地面積・パネル容量あたりの発電量をリアルタイムに比較して、上位20カ所の発電所名を都道府県名と合わせて表示する(図3)。日間のランキングに加えて週間と月間のランキングも見ることができる。

looop3_sj.jpg 図3 発電量のランキングを表示した画面例(画像をクリックすると拡大)。出典:Looop

 Looopは全国各地の太陽光発電所の実績値を比較できるようにして、発電所の所有者が運用管理の意識を高めながら改善対策を実行できるようにする狙いだ。現在のところ発電所の登録がない都道府県もあることから、登録数の拡大と監視装置の普及が今後の課題になる。こうした太陽光発電所の発電量を比較できる機能は他社でも提供しているが、全国規模でリアルタイムに比較できるサービスは初めてである。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.