ニュース
» 2016年02月01日 07時00分 UPDATE

自然エネルギー:「米と発電の二毛作」が順調に進む、収穫量に影響なく電力を供給 (1/2)

佐賀県の棚田で2015年の春から営農型の太陽光発電を実施中だ。2枚の棚田の上部に合計58枚の太陽光パネルを設置して、稲を育てながら電力を作る「二毛作」の実証プロジェクトである。1年目の結果は米の収穫量に影響が出ることはなく、発電量も想定どおりに推移している。

[石田雅也,スマートジャパン]

 「米と発電の二毛作」に取り組む棚田は、山に囲まれた佐賀市の三瀬村(みつせむら)にある。段になった2枚の棚田の上部に太陽光パネルを設置して、稲の生育状況と発電事業の可能性を検証するプロジェクトだ(図1)。NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が福岡県の福永博建築研究所と共同で2016年度まで実施する。

saga_tanada8_sj.jpg
saga_tanada1_sj.jpg 図1 太陽光発電を実施している棚田の遠景(上)、太陽光パネルの設置状況(下)。画像をクリックすると拡大。出典:福永博建築研究所

 この棚田では5月中旬に田植えを済ませて、稲が太陽光を浴びながら順調に成長した(図2)。太陽光パネルは1.8メートルの間隔を空けて設置することで、稲にも1日あたり9時間以上は太陽光が当たるように計算されている。田植えから5カ月が経過した10月中旬には、予定どおり収穫を終えて二毛作を果たすことができた。

saga_tanada5_sj.jpg
saga_tanada2_sj.jpg 図2 太陽光パネルの下で育つ稲。生育中の7月中旬(上)と刈り取り直前の10月上旬(下)の状態。画像をクリックすると拡大。出典:福永博建築研究所

 収穫した稲は九州大学の研究室で検査を実施した。棚田の中でも太陽光パネルの影が生じる「影区」と影ができない「対照区」に分けて、1株の稲からとれる米の重量を比較する方法だ。その結果、1枚の棚田では影区の収穫量が11%多く、もう1枚の棚田では10%少なかった。稲作で1割程度のばらつきは誤差の範囲とみなせるため、太陽光パネルが悪影響を及ぼすことはなかったと考えられる(図3)。

saga_tanada3_sj.jpg 図3 順調に実った稲穂(画像をクリックすると拡大)。出典:福永博建築研究所
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.