ニュース
» 2016年02月29日 07時00分 UPDATE

太陽光:ビルの外壁で太陽光発電、光害問題を解決して2017年度商品化へ

NEDOはカネカとの共同研究「太陽光発電多用途化実証プロジェクト」で、壁面設置型の低反射環境配慮型太陽光発電システムを開発し実証試験を開始した。壁面設置型の大きな課題である光害対策のための防眩機能を有し、また多彩な色をつけることで意匠性を高め、るなど壁面設置に最適なシステムを構築。ZEBの実現を補助するシステムとして2017年の商品化を目指す。

[長町基,MONOist]

 今回発表した実証試験は、横浜市戸塚区の大成建設技術センター内で実施する。その中で発電特性などを確認し、ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)を実現する壁面設置型の太陽光発電システムの実用化を目指している。

rk_160226_nedo01.jpg 実証実験を行っている壁面設置型の太陽光発電システム 出典:NEDO

 このところ、ZEBの実現に向けたさまざまな取り組みが進められている。ZEBの推進には、建物の屋上だけでなく、壁面にも太陽光発電システムを導入し、建築物のエネルギー自給率を高めることが重要だ。しかし、建物壁面への設置は、太陽電池モジュールから周囲への太陽光反射による光害などが発生しており、導入の支障の要因となっている。

 これまでNEDOとカネカは、太陽電池モジュール表面の凹凸構造によって光を散乱し、正反射を低減させるとともに、太陽電池モジュールの内部に光を閉じ込める技術を用いて発電効率を高めた低反射モジュールを開発。兵庫県豊岡市のカネカソーラーエネルギー事業部技術センター実証棟で、モジュールの表面構造の最適化などの評価を進めてきた。

 今回、NEDOはカネカとの共同研究「太陽光発電多用途化実証プロジェクト」で、防眩機能を有し、意匠性を高めた壁面設置型の低反射環境配慮型太陽光発電システムの発電特性等を確認する実証試験を開始した。

 実証試験では、色の自由度を高めた多彩な低反射モジュールの光を閉じ込める技術により、年間日射のほとんどが斜入射となる建物壁面設置の太陽光発電システムで、年間発電量の向上を実証する計画だ。この取り組みにより、ZEBを実現する光害対策等の設置環境に配慮し、景観に調和した意匠性の高い壁面設置型の太陽光発電システムの実用化を目指す。

 NEDOでは、この共同研究における低反射環境配慮型太陽光発電システムの実証結果をもとに、今後、壁面設置型太陽光発電の普及に向けて検討を進めていく予定。また、カネカは、低反射環境配慮型太陽光発電システムの2017年度の商品化を目指し、ZEB実現に向けた取り組みを進めていく方針だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.