ニュース
» 2016年03月17日 07時00分 UPDATE

自然エネルギー:太陽光パネル7680枚を浮かべる、水上式メガソーラーが貯木場の跡地に (1/2)

愛知県の湾岸地帯にある貯木場の跡地で水上式のメガソーラーが運転中だ。以前は材木を浮かべていた水面にフロート式の架台を設置して太陽光発電を可能にした。発電能力は2MWで、年間に660世帯分の電力を供給できる。フロート式の架台は軽量で腐食に強い高密度ポリエチレンで作った。

[石田雅也,スマートジャパン]
ibiden3_sj.jpg 図1 「衣浦事業場」の全景。出典:イビデン

 水上式のメガソーラーを建設したのは、岐阜県に本社があるイビデンだ。創業100年を超える電子部品やセラミック製品のメーカーだが、1912年の設立当時は電力会社で、その後は建材や炭素製品などを生産してきた。愛知県の高浜市で操業中の「衣浦(きぬうら)事業場」の構内に以前は貯木場があり、その跡地がメガソーラーの設置場所になった(図1、図2)。

ibiden6_sj.jpg 図2 高浜市の位置。出典:高浜市役所行政グループ

 貯木場の池の水面にフロート式の架台を設置して、7680枚の太陽光パネルを浮かべた(図3)。合わせて2MW(メガワット)の発電能力で、2月15日に運転を開始している。これまでに稼働した水上式メガソーラーでは埼玉県の「川島太陽と自然のめぐみソーラーパーク」(発電能力7.5MW)に次いで2番目の規模になる。

ibiden1_sj.jpg
ibiden2_sj.jpg 図3 貯木場の跡地で運転を開始した水上式メガソーラーの全景(上)、太陽光パネルの設置状況(下)。出典:イビデン

 年間の発電量は240万kWh(キロワット時)を見込んでいる。一般家庭の使用量(年間3600kWh)に換算して660世帯分に相当する。発電した電力は固定価格買取制度で全量を売電する計画だ。

 水上式のメガソーラーは夏の高温時に発電量が低下しにくいことがメリットの1つである。イビデンは太陽光パネルを水上に設置できるフロート式の架台を独自に開発した。素材には軽量で腐食に強い高密度ポリエチレンを採用している。特許を申請中で製品として外販する可能性もある。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.