ニュース
» 2016年05月27日 09時00分 UPDATE

自然エネルギー:木質バイオマス発電の熱をトマト栽培に、松くい虫の被害を受けた木も生かす (1/2)

北アルプスのふもとに広がる長野県の安曇野市にある菜園で、地域の木材を使ったガスコージェネレーションシステムが稼働した。発電した電力を売電する一方、菜園に熱を供給してトマトの栽培に生かす。燃焼に伴って排出するCO2をトマトの光合成に利用する計画も進めていく。

[石田雅也,スマートジャパン]

 産業用ガス大手のエア・ウォーターが長野県の安曇野市(あづみのし)で運営する「安曇野菜園」の隣に、木質バイオマスを燃料に使った「安曇野バイオマス・エネルギーセンターが5月24日に稼働した(図1)。地域で発生する未利用の木材をチップに加工して、燃焼で生じるガスを使って電力と熱を供給できる設備だ。

図1 「安曇野バイオマス・エネルギーセンター」の外観(画像をクリックすると拡大)。出典:エア・ウォーター

 発電能力は1900kW(キロワット)になり、年間に1100万kWh(キロワット時)の電力を供給できる。一般家庭の使用量(年間3600kWh)に換算して3000世帯分に相当する。発電した電力の一部は内部で利用するが、大半は中部電力に売電する予定だ。

 一方で熱の供給能力は電力の2倍にあたる3800kW相当になる。この熱から温水を作って、隣接するトマト栽培用のガラスハウスに供給する(図2)。エア・ウォーターは地域の木質バイオマスをトマトの栽培に生かすために、電力と熱を供給できるコージェネレーション(熱電併給)システムを採用した。夏には熱の需要が減少することから、発電にも利用して木材の安定調達を図る狙いだ。

図2 木質バイオマスをガス化して電力と熱を供給する仕組み(画像をクリックすると拡大)。出典:エア・ウォーター

 年間に使う木材は2.5〜2.7万トンにのぼる。地域の森林組合などを通じて調達した木材を、エネルギーセンター内のチップ製造工場で加工する(図3)。長野県内では松くい虫が大量に発生して、木を枯らしてしまう被害が問題になっている。エア・ウォーターは松くい虫の被害を受けた木材も積極的に活用していく。

図3 原木を貯蔵するヤード(上)、チップ製造工場の内部(下)。出典:エア・ウォーター
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.