ニュース
» 2016年09月14日 09時00分 UPDATE

電気自動車:電気自動車で初の7人乗りSUV、100kWhのバッテリーで542km走行可能 (1/2)

テスラモーターズが7人乗りの電気自動車を日本で販売開始した。バッテリーの容量が60〜100kWhの4種類あり、航続距離は最長542kmになる。従来の5人乗りのモデルと同様に、前輪と後輪にモーターを搭載して全輪駆動で走行する。価格は895万円からで、国の補助金を適用できる見込みだ。

[石田雅也,スマートジャパン]

 テスラモーターズが日本国内で9月12日から、7人乗りSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の「Tesla Model X」の販売を開始した(図1)。これまで商用車では日産自動車の「e-NV200ワゴン」に7人乗りの車種があったが、乗用車では初めて7人乗りの電気自動車が市販される。米国では2015年9月からModel Xを販売している。

図1 「Tesla Model X」の外観(画像をクリックすると拡大)。出典:テスラモーターズジャパン

 車体の全長は5037mm(ミリメートル)、全幅は2070mmで、国産車の7人乗りSUVと比べて少し大きめだ。通常のセダンに近い形状になっていて、内部は3列目のシートの天井が低くなる(図2)。電気自動車の特徴としてエンジンを搭載しないため、車両の前部と後部の両方にトランクを備えて収納スペースを広く確保できる。

図 7人乗りの車内(画像をクリックすると拡大)。出典:テスラモーターズジャパン

 駆動システムは5人乗りの「Tesla Model S」で2014年に初めて採用したデュアルモーターによるAWD(全輪駆動)である(図3)。前輪と後輪を別のモーターで駆動する方式で、航続距離と加速力を向上させることができる。0-100km/h(キロメートル/時)の加速時間は3.1秒でスポーツカー並みだ。

図3 デュアルモーターによる全輪駆動システム(この図は5人乗りの「Model S」、画像をクリックすると拡大)。出典:テスラモーターズジャパン
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.